2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


ETF Trends
Virtus ETF Solutions has partnered with Infrastructure Capital Advisors to launch a new U.S. preferred stock ETF that may provide yield-hunters a suitable income alternative.
www.etftrends.com

5月15日、Virtus InfraCap U.S. Preferred Stock ETF (NYSEArca: PFFA) がローンチされました。コストは1.36%。

アクティブ運用で、時価総額1億ドル以上の米国企業が発行する、100銘柄以上の優先株に投資します。


ETF.com
Deutsche Bank’s DBX Advisors is closing three of its currency-hedged Xtrackers ETFs by the end of this month.
www.etf.com

ドイツ銀行は以下の3本の為替ヘッジ型 ETF をクローズします。

Xtrackers MSCI Brazil Hedged Equity ETF (DBBR)
Xtrackers MSCI EAFE Small Cap Hedged Equity ETF (DBES)
Xtrackers MSCI Mexico Hedged Equity ETF (DBMX)

最終取引日は5月31日。5本とも、資産残高は5億ドル未満でした。


・口座を強制閉鎖された銀行

解約届を提出したが、処理状況の連絡がない。指定した口座にお金が振り込まれていない。問い合わせても返事が来ない。私のお金は行方不明状態に

・新規に開こうとした銀行その1

5週間もかけて手続きしたが開設手続きがギブアップ。毎週追加書類を要求され、しかも提出の締め切りが1週間
最後は、どうにも作成不可能な書類が要求されて、しかもそれを最初に言ってくれればこんなことにはならんかった
2週間で成否が出る予定が、引きずられて計画がめちゃくちゃに。くそ

・新規に開こうとしている銀行その2

銀行その1の結果がなかなか出ないので、必要な書類を提出する準備ができないままタイムアウト

・新規に開こうとしている銀行その3

本人証明をビデオチャットでやらなきゃいけないが、今は風邪をひいて咳でまともにしゃべれない状態
咳って数週間続くんだよな。もう詰んだのかもしれん

そもそもマイクが使えるか確認しないといけないことに、昨日気が付いた

・凍結中の証券口座の解除

解除するためには、証券会社から電話を受けて手続きしなければいけないが、日中にそんな時間は確保できん
風邪をひいてしまって咳でしゃべれないから、当分凍結解除手続きを申し込めない

・TransferWise のボーダーレス口座開設

これもやらなければならない

ちなみに日本語画面では開設手続きができないみたい

・口座番号が突然変わった銀行

変わるのは仕方ないが、取引先には口座番号だけでなく支店名と住所も教えなければならないのだよ
送金にはそのへんの情報が必要なのに想定されていないのが腹がたつわ

・デビットカードの取得

ラマダン中に申し込んでも遅れるだけだから、イライラしながら先延ばし中

・インターネットドメインの購入

代理店に電話しなければいけない。そんな時間はないし、米国西部時間に電話するのは無茶だよな

咳のため手続きできず、イライラが募る状態

そもそも、大きな案件をやっと終わらせ上記の手続きをする時間をやっと確保できると思ったマレーシアの選挙で外出自粛しているうちに風邪ひいてとどめを刺された感じ


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


WisdomTree has launched the WisdomTree AT1 CoCo Bond UCITS ETF (CCBO LN) on London Stock Exchange, providing exposure to contingent convertible (CoCo) bonds issued by financial institutions from de…
www.etfstrategy.co.uk

WisdomTree AT1 CoCo Bond UCITS ETF (CCBO LN) がロンドン証券取引所でローンチされました。コストは0.50%。

Markit iBoxx Contingent Convertible Liquid Developed Europe AT1 Index に連動し、欧州先進国の金融機関が発行する CoCo 債に投資します。

CoCo 債は偶発転換社債とも呼ばれ、特定の条件で強制的に株式に転換される債券です。

この債券は自己資本に含めることができるため、典型的な転換条件は自己資本比率の低下だったりします。

そのような場合、発行者の株式が下落しているはずなので、株式が上昇しそうな場合に転換できる通常の転換社債よりはリスクが大きいといえます。

なお、現在の欧州 CoCo 債の利回りは約5.1%です。これはリスクに見合っているでしょうか?


 金融機関をつなぐ英国の即時決済システム「ファスター・ペイメント」のメンバーに4月、インターネットによる国際送金サービスを手掛ける英ベンチャー、トランスファーワイズが加わった。銀行以外が接続を認められ
www.nikkei.com

TransferWise で自分名義のポンド口座を持てるようになったのは、このためなんでしょうね。

仕事が途切れたら、ボーダーレス口座の開設に挑戦しようと思いますが、ヘルプを読む限り、口座名義は「自分の名前」の他に「TW」が追加されるようで、そのままでは仕事に使えません。

そのへんを早く確認したいです。


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


ETF.com
Pacer Financial has launched the first three ETFs of what is expected to be an eight-fund suite.
www.etf.com

ETF Trends
Investors interested in gaining targeted exposure to the real estate space can look to Pacer Financial's new suite of ETFs that focus on the industrial, data infrastructure and retail real estate sub-sectors.
www.etftrends.com

ETF Trends によると5月16日、Pacer Benchmark Industrial Real Estate SCTR ETF (NYSEArca: INDS)、Pacer Benchmark Data & Infrastructure Real Estate SCTR ETF (NYSEArca: SRVR)、Pacer Benchmark Retail Real Estate SCTR ETF (NYSEArca: RTL) がローンチされました。

(ETF.com によると5月15日に INDS が、5月16日に SRVR と RTL がローンチされました)

3本ともコストは0.60%。不動産関連に投資します。

投資対象は時価総額2億ドル以上で一定の流動性があること。1銘柄の上限は15%、4.5%以上を占める銘柄の合計の上限が45%に設定されています。

時価総額加重ですが、REIT 以外に投資するかどうかははっきりしません。

INDS は Benchmark Industrial Real Estate SCTR Index に連動します。
ETF.com によれば産業用不動産に投資し、Self storage と呼ばれる小規模な倉庫にも20%以上投資します。
ETF Trends によれば、携帯電話の基地局、データセンター関連の REIT に投資します。

SRVR は Benchmark Data & Infrastructure Real Estate SCTR Index に連動します。
ETF.com によれば、携帯電話の基地局、データセンター関連の REIT に投資します。
ETF Trends によれば、eコマースの倉庫や配送センター関連に投資します。

RTL は Benchmark Retail Real Estate SCTR Index に連動します。
ショッピングモールなどの小売関連の不動産に投資します。

【5月19日の追記】
Pacer introduces suite of real estate sector ETFs (ETF Strategy)


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし