2020/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし



2019年5月までの機種はこれまで Google アプリを使えてきましたが、猶予措置が8月13日で失効しました。

まだ使えているようですが、今後、Android のアップデートがあった場合、使えなくなる可能性があるようです。

中途半端な状態なので、メンタル削られますなぁ。


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


警告: 管理人の経験では HYIP への関与は損失に終わる可能性が高いです。
また、電子マネーによる損失の可能性も無視できません。


候補の HYIP リスト

GoldPoll に追加されたサイトのうちから、次の条件を満たしたものをピックアップしています。

・1日1.5〜5%の利率
・満期にならなくても利益が出るプラン
・短期プランを併設していない
・複数のモニターサイトへのリンクがある
・フォーラムへのリンクがある
・リスト作成時点で、サイトにアクセス可能
・リスト作成時点の支払いステータスが支払い中または支払い待ち
・連絡先にフリーメールが使われていない
・ロゴが作成されている

なし


Lenovo Legion
出典: https://www.gsmarena.com/

スマホは買い替えたばかりですが、1〜2年前に発売されたフラッグシップの新古品を安く買う主義なので、今の時点で次に買いたいモデルが発売されていないと困るのです。

上の画像は7月22日に発表される Lenovo Legion です。Snapdragon 865 を搭載するゲーマー向けスマホですが、

Type-C ポートが2つあり、2つの充電器を使用して充電できる

のがすこ。他の性能に多少問題があっても買いたくなる力技です。

最近、Snapdragon 855 を搭載する Lenovo Z6 pro が1300RM(約32500円)で売られていたので、このモデルも安くなるのではと期待しています。

もう1つは、画像はありませんが Galaxy S20 Fan Edition。Galaxy S10 Lite の後継モデルとなる廉価版ですが、Snapdragon 865 を搭載する防水モデルだそうで、気になっています。

(S10 Lite は防水でなく、Band 19もないので購入する予定はありません)

でも、価格は Oneplus 8より高めの3000RM(7万5千円)ぐらいでしょうね。ちなみに Galaxy S20 の価格は3599RM(約9万円)です。

JUGEMテーマ:スマホ


Source: StatCounter Global Stats - Device Vendor Market Share


マレーシアのスマートフォンのメーカー別シェアです。

これによると、Huawei のシェアは伸び続けています。

それはいいのですが、Vivo の名前がなく、なぜか Mobicel (確か南アフリカのスマホメーカー) が載っています。

Mobicel のスマホが売られているのは見たことがないんですが…

【追記】
グラフの表示が遅いのでわかりにくいかもしれませんが、2020年6月時点でのマレーシアでのシャアは、Huawei, Apple、Samsung の順でそれぞれが20%強、続いて Oppo が約15%、Mobicel (おそらく Vivo の間違い) が約10%、Xiaomi が約6%です。

この順序は、ショッピングモールで見かける店舗の目立ち具合と体感的に一致しています。

Huawei のシェアは1年前の13%から順調に伸びています。

JUGEMテーマ:スマホ



 


Note 10+ ではありません。日本で発売されていない Note 10 です。

購入価格は2949RM(約74000円)。マレーシアの発売当初の価格は3599RMだったのでほぼ20%引き。

現在でも、新品で2999RM未満で売っているところはあまり見かけないです。

メインで使用。Oneplus 7Tを買おうと思っていたのですが、当時のスマホポーチに入らず、これになりました。

使いやすいと思いますが、待ち受け時のバッテリーの持ちが良くなく、まったく使わなくても1日に25%以上減ります。


 


Oneplus 7T ではありません。そのひとつ前の Oneplus 7 です。8GB/256GBモデルを1799RM(約45000円) で購入。発売当初の価格は2599RMだったので30%引き。

7T は2099RMでしたが、そろそろ買うのが難しいと思います。Oneplus の旧モデルは、日本では3万円台で買わないとバカにされます。

カスタマイズが少なく、電池の持ちが良いです。主に電子書籍用。Volte 化が面倒くさいのが最大の欠点。


 


Xiaomi Mix 2S の64GBモデルです。799RM(約2万円)。2018年の発売当初の価格は1999RM、現在の公式価格は1299RMです。

事情はわかりませんが、最近、急に在庫が出回り、799RMであちこちの店で売っています。

上の2台が壊れた際の予備用。レビューを読むと電池の持ちは悪いようですが、実際には良いほうだと思います。

2年前のモデルですが、おそらくあと2回バージョンアップされると思います。


 


おサイフケータイ専用機として、200RM(約5000円)で購入。

Docomo の中古スマホはマレーシアでも買えます。Galaxy 以外は日本の中古相場より安いと思います。

その他
Huawei Mate 10: バッテリーが膨張したので電源を切って保管中。8月以降、米政権の制裁が緩和されればバッテリーを交換するが、そうでなければ処分する予定。
LG V20: バッテリーを交換しても1時間で50%減るようになってしまい、買い替えに向かう途中、すられました。
Xiaomi Mix 2S: こちらは128GB版。当初の販売価格2199RMから1399RM (約35000円) に下がったところで購入したものですが、LG V20 とともにすられました。
Moto G4 Plus: 処分待ち。32ビットモデルなので、来年の4月以降、アプリを更新できなくなるはずです。
Huawei Mate 10 pro: バッテリーが膨張したため、処分済み。
LG Stylus 2: 処分済み。4G + 2G でなければ、もう少し使っていました。



 


今日、Huawei Mate 10 を充電したところ、なかなか100%にならず、発熱していたので、嫌な予感がしてケースを空けたところ…

のぉーっ

側面のすき間が空きかけていました。バッテリーの妊娠です。

もう一台の Huawei Mate 10 Pro もチェックすると、やはりバッテリーが妊娠していました。

そのへんの修理店に行けば数千円でバッテリーを交換できますが、トランプ様の制裁で8月以降使えなく可能性があります。

Google アプリが使えなくなるかどうか悩むのはメンタルにつらいので、さっさと機種変すべきなんでしょうね。

使い勝手に不満はなかったので残念です。

Google アプリが使えれば、P40に買い替えていたと思います。

トランプ様のいない世界線なら、画面下カメラを搭載する Mate 40 Pro まで待てないのかとオラついていたでしょう。



 


ここ数日、LG V20の発熱がひどく、カバーを外してみたらバッテリーが見事に妊娠していました。

すぐに別のバッテリーと交換しましたが、別のバッテリーのうち1つも妊娠が発覚。

これで予備のバッテリーは1つになってしまいました。

最後のバッテリーはクアラルンプールで買った (おそらく) 中古品なので半年ぐらいでダメになると思います。

ロックダウンが解除されたら、クアラルンプールで2つぐらい買い足そうか…

現在使っている Huawei は、たぶん 8月以降 Google アプリが使えなくなるので V20 を処分するのは避けたいです。