2017/11

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>




マレーシアでも売っていますが、日本語ロケールがなく、また、日本版の方が対応バンドが多いです。

マレーシアで交換用バッテリーが買えるのなら、予備機として買うと思います。

(これまでの経緯から、日本で交換用バッテリーが販売される可能性は小さいです)


Galaxy A5
ソース: https://www.gsmarena.com/

・防水

・Dual Sim で SD カードスロットが独立

・Antutu は6万前後

・2018年モデルからナローベゼルになりそう

価格は発売当初は5万円前後。4万円を割るぐらいのタイミングで買うのが現実的みたい。

やはり Samsung は高いです。



 


いろいろ調べたのですが、

・USB Type-C のポートが複数ある

・Quick Charge 4 と Power Delivery に対応する

充電器は未だ商品化されていないようです。

Type-C ポートを複数備えた製品は急速充電がまったくできない模様。

これは、業界の怠慢と言わざるを得ませんわ。


しかし、探してもそんな機種はなく、何を買っても「屈辱と妥協の結果」になります。

スマホに限りませんが、「ぼくのかんがえるさいきょうの○○」でないとショッピングが全然楽しくない。

現在、購入検討中の機種
機種バッテリー交換防水ベゼルレスコメント
Mote X4Moto x4××他に防水ベゼルレス機種が発売されない場合
Andoroid One バージョンを買うかも。
ミッドレンジの防水機種が少なすぎる
LG Q6LG Q6××Moto X4 がアジアで発売されない場合買うかも。
防水でないので普段用にしたくない
LG Stylus 3LG Stylus 3××後継機のバッテリーが交換できない場合、
予備機として買う。
バッテリーが交換できる最終世代になりそう。
防水でないので普段用にはできない


Will likely be the first Android One device to hit US shores.
www.gsmarena.com

9月末に欧米で発売される Moto X4 ですが、Andoroid One バージョンが用意されるようです。

提供国の情報はありませんが、普通に考えれば、マレーシアなどの新興国で提供されると思います。

Motorola のスマホはカスタマイズが少ないのが売りですが、Android One になることでセキュリティアップデートの頻度が高まるのはうれしいですね。

昔ながらのベゼルありスマホですが、Snapdragon 630クラスで防水ですので、それなりに貴重な機種です。

JUGEMテーマ:スマホ



 


ふと気になって確認しましたが、仕様上、サウナで使えるスマホはないようです。

Torque のようなタフネススマホでも想定動作温度は50〜60度程度です。

ただ、ググるとサウナの従業員がお客がスマホを持ち込むのでバッテリーの爆発を心配する記事がヒットするので、それなりに持ち込んでいる人はいる模様。

JUGEMテーマ:スマホ



 


LG LGS01 の交換バッテリー (BL-44JH) ですが、L-04D という WiFi ルーターと同じものです。

これを入手するのが、一番簡単だと思います。バッテリー単体が見つからないなら程度の良い中古品を探すことになります。

香港で見つけた時は、本当に場末の駄菓子屋のような店で買いました。値段は160香港ドルでした。

パッケージはちゃんとしていたので純正品のはずですが、手元の LGS01 は不正品として認識しやがります。

JUGEMテーマ:スマホ



 


LGS01 の通知 LED が赤いままなのでいろいろ確認したところ、バッテリーが妊娠していました。

早速、香港で買った純正バッテリーを入れたところ、まさかの「不正なバッテリーなのでシャットダウンしています」表示。

次に、バッテリーを抜いて USB ケーブルを指した状態では起動したところ「バッテリーは?」表示で起動しません。

事実上、使えなくなりました。

問題は、このスマホにオンラインバンキングの認証プログラムが入っていること。

このプログラムは QR コードを使うのですが、カメラとの相性が厳しく Xperia では使えません。

(銀行のサポートからも、一部のスマホでは使えないから別のスマホを使ってくれという返事が来ました。
…まぁ、Xperia はマイナー機種でクレームにならないんでしょうね。センサーの縦横の比率が違うためのようです)

認証プログラムが使えるスマホを確保するまで捨てられないのです。


ソース: http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/sony/1501211655/602

ベゼル厚は保守的な両面テープによる防水だから。

そもそも全機種で防水が2年もたないことが発覚したのが2年前。
「狭額縁プロジェクト」を追いかけて「2年防水プロジェクト」wが始まった。
「狭額縁プロジェクト」は4年かけて防水のり(糊:glue)を開発していたが頓挫。
2年はおろか、防水そのものが確保できなかった。
狭額両面テープのレーザー光キュアも頓挫。これは2年防水がもたなかった。

しょうがないからベゼル厚にして保守的な両面テープで防水しているわけ。

この情報が本当なら、ソニーの技術力はサムスンなどに劣るということでしょうか。

バッテリーを交換できる防水レベルレスが、自分にとって夢のスマホなのですが。




中国のSpreadtrumは、デュアルVolte対応SoCのSC9850とSC9853を発表しました。

これらは5000〜2万円程度のスマホ向けチップですが、2本のVolte回線を同時待ち受けすることができます。

4GのDSDSは中国の電話会社が要求している仕様で、今回の製品はそれに応えたものです。

ちなみに、Qualcomm の場合 X20 Lte というモデムが必要で、まだ発売されていないはずです。

MediaTek の場合は Helio X30 というハイエンドチップが必要ですが、これを搭載した Mizu Pro 7 が今月発売されます。

他社のハイエンドにこれから載る機能をいきなりローエンドに載せてしまうのは素敵です。

JUGEMテーマ:スマホ