2018/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>



 


気になって確認したのですが、Thinkpad X1 Carbon で、保守マニュアルにキーボードとバッテリーの交換方法が記載されているのは2015年モデルまでです。

2018年モデルの場合、マニュアルに交換方法が載っているのは WAN カードと SSD だけです。

もともとメンテナンス性を重視したモデルではないので仕方ないと思いますが、Thinkpad らしくないですね。

なお、Thinkpad T460s と T470s のマニュアルでも、内部バッテリーの交換方法は記載されていませんでしたが、T480s のマニュアルには載っていました。


Thinkpad T480 を注文しました。CPU は一番安い i5 8250U ですが、メモリ16GB、SSD 512GB と盛りました。

自分は、かな漢字変換候補が気に入らないと、キーボードを全力で叩き付けるので、旧式のキーボードで3年半、最近のアイソレーションキーボードで2年半しかもちません。

キーボードの交換は前提なので、それを見越した機種選びが必要です。


 


Thinkpad X1 Extreme は画面が大きく老眼に優しいのですが、高杉です。ストレージを2台搭載できるのも魅力。

機能を落とした廉価版が出ることを望みます。


 


Thinkpad X1 Carbon は2015年モデルを所有していますが、既にキーボードがダメになり、自力で交換しています。

交換作業が死ぬほど大変だったのでもう選びません。ネジを70本ぐらい外す必要がありました。

ただ、一般のイメージと異なり、バッテリーの交換はかなり簡単です。


 


Thinkpad T480s は軽量化と機能のバランスがとれたモデルだと思います。

ただ、キーボードの交換には専用工具が必要になりました。

この工具を使用して、スペースキーの下のボタンを外さないとキーボードを固定しているネジを外せません。

工具が出回る保証がないため、このモデルの購入はあきらめました。


 


裏蓋の開け方に癖があり、メンテナンスでツメを折るユーザーが多数出ている機種です。

しかし、キーボードの交換作業は従来機種と同様なのでこのモデルを選びました。

かなり重いです。

このモデルもストレージを2台搭載できます。ただ 2台めは M2 2242 PCIe という入手が難しい規格を使用しています。

その他の選択肢として Thinkpad E480 と Thinkpad L480 がありましたが、E480 は耐久性テストを行わないモデルなのでパス、L480 は T480 より高価なのでパスしました。

また、X シリーズや T シリーズと違って、L シリーズと E シリーズの部品はあまり出回りません。部品の交換が難しい、多少安く買えても後で困るモデルです。



 


Huawei Mate 10 Pro を買いました。価格は2399RM (約64500円) でした。

Huawei Mate 10 (1799RM (約48400円)) で充分だったですが、運が悪いことに最後の在庫に電源を入れたところ、完全放電していて、バッテリーがダメージを受けている可能性があったため、購入を停止。

Mate 10 Pro の方は、現在のマレーシアの公式価格でした。1899RM (約51100円) の店は店頭では 3099RM (約83400円) でないと売らないと言い、次に安い 2199RM (約59200円) の店はなぜか売り物ではないと言い張り、その次に安い 2299RM (約61900円) の店は、そこに行くまでの交通費と手間を考えると割に合わないので、仕方なく妥協しました。

日本の価格は7万円前後のようですね。

マレーシアの携帯ショップはネット上の品ぞろえが良い店でも (本当に在庫があるかどうかは不明)、店頭の品ぞろえは貧弱なことが多く、自分のように型落ちを安く買いたい人間には優しくありません。


Shipping & Delivery: We will start delivering around January 2019NETWORK:
Technology: GSM / CDMA / HSPA / EVDO / LTE
2G bands:
- GSM 850 / 900 / 1800 / 1900 - SIM 1 & SIM 2
- CDMA 800 & TD-SCDMA
3G bands:
- HSDPA 850 / 900 / 1900 / 2100
- CDMA2000 1xEV-DO
4G bands: LTE band 1(2100), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 20(800), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500)
nubia.my

ノッチを心から憎む人たちから注目されている二画面スマホの Nubia X がマレーシアで発売されることになりました。

2019年1月ぐらいに発売予定。価格は2199RM (約62000円)。

Nubia は香港でも発売されないことが多く、マレーシアは非中国版が販売される数少ない国のひとつです。

でも、対応バンドの少なさと、ケースを付けたときのダサさがなぁ…



 


Thinkpad T420s を3台所有しているのですが、

・初号機→起動せず。窓際に置いておいたので、マザーボードが熱で劣化したと思われる

・弐号機→しばしば SSD を検出できなくなる。2台ある SSD の両方がエラーになるので、SATA インターフェースではなくマザーボード寄りのエラーと思われる

・参号機→もともとジャンクで完動品ではない。タッチパッドが購入時から死んでいる

その他に2台あるのですが、

・Thinkpad X1 carbon 2015→既に一度壊れ、キーボードを交換済み。このモデルは分解が大変なので二度とやりたくない

・Thinkpad X201s→さすがに日常使用には耐えない

この状況では、次の帰国時に新型機を買うべきだと思います。



 


Huawei Mate 10 (Pro や Lite ではない) を購入しました。

値段は1699RM (約45500円)。クレジットカードの手数料とプロテクター込みで1870RM (約5万円) になりました。

Expansys の価格は53775円、Etoren の価格は56000円なので、これで満足すべきなのでしょう。

プロテクターは、ClearPlex という画面が曲がっていても貼り付くタイプです。

ジェルが固まるまで2日間、使用せずに待つように言われました。

JUGEMテーマ:スマホ


「2100: Detection error on HDD0 (Main HDD」というメッセージが出て起動しなくなりました。

ググったところ、こちらの掲示板の情報に従って、BIOS の設定を AHCI → compatibility → AHCI と2回変更することで起動するようになりました。

SATA のインターフェイスが暑さでやられたのかと思いましたが、どうやらファームウェアの問題だったようです。


9月末から、Time Internet の既存顧客が自動アップグレードされ、料金も若干下げられています。

100Mbpsユーザーは500Mbpsプランに自動アップグレード、料金は149RMから139RMに。

しかし、スピードを測定したところ、自分の環境では上がっていませんでした。
(顧客が少ない地域の場合、TMの回線を経由しているためかもしれません)

マレーシア国内では500Mbp出ても、日本へのアクセススピードは3〜7Mbpsしか出ないので、

このままなら99RMの100Mbpプランにダウングレードしたいと思います。

JUGEMテーマ:マレーシア





 


パソコンデスクが壊れたので新品を買おうと思ったのですが、数年前に比べて品ぞろえがずいぶん減っているのに気づきました。

どうやら、パソコンユーザーが減って、デスクもニーズも減っているみたい。

ネットを見るだけなら、スマホで十分ですからね。

なお、自分の場合、ひざを組むのでテーブルが斜めになるデスクでないと困ります (普通のデスクではひざがあたる)。


ドコモ回線の場合

3G の Band 6/19 と 4G の Band 19 に対応するか要確認

ソフトバンク回線の場合

今のところ、海外ローミングはできない

バンドが一致していても、3G でつながらない機種が散見される
日本で発売していないメーカーを使うのはギャンブル

キャリア (ワイモバイルを含む) の場合は別ね。