2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


徒歩圏内 (といっても歩いて20分) にファミリーマートができたので行ってきました。

マレーシアのファミリーマートは、チリソースのおでんのにおいですぐにわかります。

進出直後のミッドバレーなどの店舗に比べて、日本製品はだいぶ控えめです。

思ったほどインパクトはありませんでした。

JUGEMテーマ:マレーシア


近所のスーパーが閉店することになって3週間あまり。

当初は全品5〜30%引きだったのが、全品5〜50%引きになり、商品棚の半分近くが空になりました。

しかし、いまだに最終営業日がはっきりしません。生鮮食品は今日も入荷していました。そんな中、売れ残っているもの挙げると

・値引きしていないもの。なぜか赤ちゃん用のミルクなどは値引きされていません

・5%の値引きのもの。洗剤等は5%引きです。これなら他でもっと安く買えるかもしれません

・乳製品。バターやマーガリン、牛乳は値引きされていますが、ほとんど減っていないように見えます

・お酒。20%引きですが、意外に売れ残っています

・無糖飲料。コカ・コーラライトなど。無糖飲料は賞味期限切れでディスカウントされることがあるほど、マレーシアでは人気がありません。炭酸水も売れ残っています

JUGEMテーマ:マレーシア


なんか最近、ミョーに品ぞろえが悪くなったなぁと思っていたら閉店のお知らせ。

店内の冷蔵庫や従業員用ロッカーの「売ります」ポスターが貼られていた。

ここ以外で生鮮食料品を買える一番近い店まで1.5kmぐらい。

不便になるなぁ。

JUGEMテーマ:マレーシア


テナガナショナル (マレーシアの電力会社) の料金は21RMに達しなかった場合、貧困層対策で無料になっていましたが、先月分は6.30RM請求されていました。

大した金額ではないのですが、ちょっとショックです。

大家さん名義なので、外国人は対象外になったとは考えにくいですね。


トイレが広い!


長期の海外旅行保険は、各社赤字続きのようで、値上げが続いています。
www.海外旅行傷害保険.net

あと1年足らずで長期海外旅行保険の期限が切れるのですが (5年間なのでこれ以上の更新はできません)、調べたところ、自分が加入した2014年とは事情がまったく変わっていました。

2017-2018年、長期海外旅行保険は年40万円の時代に突入。
(中略)
残念ながら、長期海外旅行保険は、年間40万円かかる保険が普通、という時代が到来します。

海外駐在や留学なら、ビザや在学証明等を出すことで安いプランに入れるのですが、MM2H などは加入できません。

この点を取り上げた MM2H ブログを読んだ記録はありません。

国民健康保険で済ませている人が意外に多い印象がありますが、どうなんでしょうねぇ。

JUGEMテーマ:マレーシア


Celcom
先日作ったイオンプリペイドカードを使い、11street で Celcom の5%引きトップアップチケットを購入しました。

購入と同時にチャージが反映されて便利です。

なお、2016年から発行されている Xpax Turbo という SIM を使っている場合は10%引きチケットが用意されています。

11street は韓国系通販サイトですが、Celcom と提携しているため割引チケットを売っています。

Digi や Maxis のチケットは割引がありません。

後日、日本からもトップアップできるか試してみます。

ちなみに Shopee ではさらに安いチケットを売っていますが、トップアップ用の16ケタの数字を買う形になるようです。

JUGEMテーマ:マレーシア



 


最近、おなかの調子が良くない (おそらく過敏性腸症候群) ので近所の漢方薬局で桂枝加芍薬湯を買ってきました。

1週間分で52.5RM(約1400円)でした。以前咳止めの漢方薬を買ったときは3日分で100RMかかりましたが、それよりは安く感じました。

日本と価格は大差ありませんが、カプセルなんかに入っていない、昔ながらの粉末です。オブラート買わなくちゃ。

それにしても漢字は偉大ですね。単語をいくつか見せれば通じます。

JUGEMテーマ:マレーシア



思いつきで書きますけど、ブラックリストから外すには

・MM2H を廃止する

・MM2H 取得者のマレーシア居住・マレーシアでの確定申告を義務付ける

・MM2H は外国人の不動産投資許可にして、マレーシアでの滞在とは無関係にする

JUGEMテーマ:マレーシア



OECD は各国のビザを調べ、CRS に反する可能性が高いビザを発表しました。

その中にマレーシアの MM2H が含まれています。

国外収入への税率が低い、または必要な滞在日数が短いビザが危険とみなされるようです。

JUGEMテーマ:海外移住したい!