2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


最近、銀行口座の開設を断られる企業や個人が増えてきている。お金を預かることが仕事 - Yahoo!ニュース(ホウドウキョク)
headlines.yahoo.co.jp

以前から、海外銀行では、銀行が資金が必要なときだけ定期預金を開設できるようになり、不要なときは普通預金しか使えず、定期預金を開設できないというところもあります。

ビジネスモデルとして、融資よりも送金などの手数料を当てにしているのだと思いますが。

JUGEMテーマ:資産運用


12月抽選分から、イギリスの宝くじ国債の当選率が上がります。

これまで30000分の1のオッズが24500分の1に。

利率に換算すると、1.15%が1.4%に上がります。


いろいろな意味で Citibank Hong Kong の口座をこれ以上維持できないので、口座を閉じることにしました。

閉じる前に、Citibank Hong Kong の株式口座を Boom に移管するのですが、CCASS ID という株式決済のための ID と相手側金融機関の口座番号が必要です。

移管元と移管先は、相手側のデータを顧客から知らされないと移管手続きに入ってくれません。

特に、Citibank Hong Kong は株式の転出に関する情報はネットや電話では一切出さず、次のように店舗で直接手続する必要があります。
(Citibank Hong Kong に株式を移管する場合は、ネットで手続きできます)

1. Boom 証券の店頭で口座開設手続きを行う。手続き当日は口座番号はもらえないが、Boom の CCASS ID が記入された書類はもらえる
(香港の銀行の小切手帳を持たない人は、直接店舗を訪ねるか、香港の保証人を立てないと口座を開設できません)

2. Citibank Hong Kong の店舗で、株式を移管したい旨を知らせる。Boom の口座番号はまだもらえていないので、手続きは開始できないが、Citibank Hong Kong の CCASS ID と移管用株式口座 (取引明細に記載されている株式口座番号とは別物。確認はしなかったが移管用の専用番号らしい) が入った書類は作ってもらえる

3. 翌日、Boom 証券を訪ね、口座番号をもらった後に、Citibank Hong Kong から受け取った書類を元に Boom 証券側の株式移管手続き書類を作成。店頭であれば、サイン以外は Boom 証券の方が記入してくれます。

4. Boom 証券の口座番号を持って、Citibank Hong Kong の店舗で移管手続きを行う

意外だったのは、証券会社への送金は送金するだけではダメで、名前と証券会社の口座番号を知らせる必要があることを銀行側が理解できなかったこと。
香港では、株式の現物投資なら銀行で用が足りてしまうので、証券会社特有の事情は知られていないのかもしれません。

移管手続きは3〜4日かかるとのことです。

【追記】
Boom 証券は、香港以外の銀行口座を出金先として登録できますが、登録する口座の実在を証明する必要があります。
取引明細の提出が無難ですが、自分の名前と口座番号がわかるオンラインバンキングのスクリーンショットでも登録できます。

JUGEMテーマ:資産運用


ソース: Everyone, Even a Passive Vanguard Investor, is a Factor Investor (alphaarchitect)

普通、ファクター投資というと、市場平均を超えるリターンを出すファクターを指しますが、ソース記事によると

ベータもファクター

だそうです。つまり、株式が現金をアウトパフォームするのはマーケットファクターであり、株式に投資する時点でたとえインデックスに投資してもアクティブ投資ということになります。

JUGEMテーマ:資産運用


ソース:
The Bitcoin Futures Battle (Seeking Alpha)
Nasdaq Looks to Join Bitcoin Futures Competition (ETF Trends)
Bitcoin Rises After CME, CBOE Move Ahead on Listing Futures (Bloomberg)
Cboe Says Bitcoin Futures Coming Dec. 10 (ETF.com)

CBOE グローバルマーケット 12月10日
CME シカゴマーカンタイル取引所 12月18日
Nasdaq 2018年

Nasdaq は正式に決まったわけでありませんが、来週以降、ビットコインの先物取引が開始されます。

考えられるのは、

・マイナーがあらかじめ空売りして値下がりリスクを抑える
(中国のマイナーがアメリカの先物取引をするのは難しいと思いますが、どうなんでしょう)

・ボラティリティを下げ、バブルを破裂させる可能性がある

・取引所同士の競争で現在のビットコインファンドのプレミアムが小さくなる

ググると、ビットコインの空売りで儲ける動きが強いようですね。

JUGEMテーマ:ビットコイン




ソース: Everyone, Even a Passive Vanguard Investor, is a Factor Investor (alphaarchitect)

サイズ (SMB) 2.19% 10.69%
バリュー (HML) 4.07% 9.77%
モメンタム (MOM) 7.08% 14.64%
利益 (RMW) 2.73% 7.32%
投資 (CMA) 3.55% 6.85%
クオリティ (QMJ) 4.08% 8.27%
低ボラティリティ (BAB) 9.62% 11.07%

JUGEMテーマ:資産運用


CSR の自己申告書を提出しに Citibank Malaysia まで行ってきました。

結論を言うと、そんなものは出さなくていいと。

Citibank Malaysia の場合、CSR の自己申告書 (納税者番号の申告) が必要かどうかは、登録している電話番号がマレーシア国内のものかどうかで判断しているそうです。

そんないい加減な基準でいいわけがない。きっと、来年になってから

やっぱり日本の税務署に連絡しました (・ω<)

と連絡が来るに違いないと思いましたが、私の場合、マレーシアで発生する利息収入は年間20万円未満で、仮に日本の税務署に知られても確定申告は不要です。

そのため、まっいいかと判断しました。

ちなみに、対応したカウンターの方は CSR についてちゃんと知っていました。




Euronext has announced the acquisition of the Irish Stock Exchange (ISE) for €137 million. Euronext is planning to combine ISE’s ETF issuer and listing expertise with its own pan-EU trading platfor…
www.etfstrategy.co.uk

Euronext は1億3700万ユーロでアイルランド証券取引所を買収すると発表しました。

記事によると、アイルランド証券取引所の上場企業数は51、ETF の上場数が227です。

個別株式よりも ETF の数が多いというのはなんか不自然ですね。

JUGEMテーマ:資産運用


今日、Trannsferwise からメールが届いていました。

海外から日本への1回につき100万円超の送金についてのお知らせ

1回につき100万円超の送金については、現在日本国内の銀行から振込手続をしておりますが、

12月1日より、SWIFT送金での取り扱いとなります。


今、試しましたが、確かに100万円以上を日本に送金しようとすると銀行情報の入力画面に飛ばされます。

自分の場合、1回50万円も送金できれば十分なのですが、SWIFT でわざわざ日本円に両替して送金しても日本円で入金されるとは限らないので意味はないと思います。

それよりも、マイナンバーが必要にならなくてよかったです。




Amazon と小売り ETF
Holiday shopping season is upon us, and this year, it's hard not to be captivated by the slow-motion apocalypse happening in the retail sector.
www.etf.com

Amazon の株価の動きは小売り ETF とはまったく違うし、そもそも小売り以外の事業も多くなっています。

また、Amazon の売り上げはオンラインショップ業界の43%、オンラインショップ業界の売り上げの伸びの56%を占めていますが、それでも小売業界全体の売り上げの4〜5%のようです。
(記事中に、オンラインショップの売り上げの小売業界全体に占める割合は10%とあるので)

来年の GICS のセクター見直しで、おそらく Amazon は小売りセクターから外れますが、今でも、Amazon の比重が小さい小売り ETF は軒並み年初来のリターンがマイナスなので、小売りセクターをロングする意味がなくなりそうです。

JUGEMテーマ:資産運用