2019/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


ETF.com
The academic literature, including Russ Wermers’ 2000 study “Mutual Fund Performance: An Empirical Decomposition into Stock-Picking Talent, Style, Transactions Costs, and Expenses,” and Eugene Fama and Ken French’s 2010 study “Luck Versus Skill in the Cross Section of Mutual Fund Returns” has shown that, while mutual funds demonstrate stock-picking skills on a gross-of-fee basis, they fail to outperform appropriate risk-adjusted benchmarks net of fees.
www.etf.com

投資のリターンのほとんどはタイミングで決まります (年間で最も上昇する日々と最も下落する日々を数日ずつ予測できれば、その他の手法によるリターンを圧倒できます)。

しかし、タイミングを高い確率で予測できるタイミングファクターは、まだ発見されていないはず。

リンク先の記事は、ファクタータイミングを適用するファンドほどアンダーパフォームするという内容です。

しかし、ファクターのタイミングをどうやって決めているかについて記述はありません。

もしかしたら、私の知らないうちに常識になっているのでしょうか。

(絶対嫌なのは、アクティブ運用のことをタイミングファクターと呼んでいるというオチです。これは絶対に嫌ですね)

JUGEMテーマ:資産運用


中国正月のせいもあるでしょうが、私が依頼した送金は4営業日(金曜日に依頼して、次の金曜日に到着予定) かかるそうです。

マレーシアからの海外送金が少なく、リンギットが不足しているのかもしれません。

TransferWise は、マレーシアへのリンギット送金は対応しますが、マレーシアからのリンギット送金は対応しません。

実際のリンギットの送金はマレーシアの会社が行います。

TransferWise のキモは送金と受金を相殺してコストを抑えることですが、マレーシアではうまくいっていないのかもしれません。

JUGEMテーマ:マレーシア


巡回先である ETF Strategy ですが、いろいろおかしいです。

「XX は ETF を5本ローンチした」などの記事では、ローンチされた ETF がすべて挙げられていないことが多いです。

また、新しい記事が追加されても、それがランディングページに表示されないことがままあります。

1か月近く更新されていないように見えて、ある日、突然、ランディングページに表示されます。

でも、ヨーロッパの ETF の情報源は今のところこれしか見ていないからなぁ…

JUGEMテーマ:資産運用


The firm is cutting staff after assets under management tumbled during a turbulent fourth quarter for markets.
www.institutionalinvestor.com

1月18日、State Street は1500人のリストラを発表しました。全従業員の6%にあたります。

2018年第4四半期で同社の資産残高が10.6%減少しました。

JUGEMテーマ:資産運用


ETF.com
My colleague, Jared Kizer, who serves as chief investment officer at Buckingham Strategic Wealth and The BAM Alliance, recently examined the performance of the S&P 500 Index from March 2009 (the bear market ended on March 9, 2009) through October 2018, a period ending shortly before a spate of market volatility in December that saw the index record some dramatic declines
www.etf.com

・2009年3月〜2018年10月の S&P 500 の平均月間リターンは1.35%。

・ブートストラップ法を使った統計推定で算出される S&P 500 の平均月間リターンは0.67%。

要は、統計的にありえないリターンが10年近く続いているため、それを前提に予想してはいけないらしい。

JUGEMテーマ:資産運用


As the year turns, a common practice is to assess a portfolio and see how each position performed.The summary for stocks is easy: equities did not do well.Whether you were invested in U.S. s
alphaarchitect.com

2018年のファクターリターン

・市場平均 (ファクター抜き) -8.94%

・バリューファクター (EBIT やキャッシュフローなど5種類) -3.10%〜-15.76%

・モメンタムファクター 3.94%

・サイズファクター -9.14%

・ベータファクター 15.81%

・ROA (クオリティ) 1.74%

注意点
・ファクターリターンは、上位をロング、下位をショートしたものです。モメンタムファクターの場合、高モメンタム銘柄をロング、低モメンタム銘柄をショートするというように

・ソース記事の筆者はなぜかバリューファクターにこだわりがあり、5種類の指標で比較しています

・同様に、クオリティファクターは ROA であると決めつけています

JUGEMテーマ:資産運用


ETF.com
It’s easy to lose sight of the facts amid the stress and anxiety caused by potentially large dips in your portfolio’s value.
www.etf.com

1929〜1943年:ベータ -0.5%、サイズ +4.9%、バリュー +5.0%
1969〜1982年:ベータ -0.8%、サイズ +2.4%、バリュー +5.5%
2000〜2012年:ベータ -0.2%、サイズ +4.4%、バリュー +5.1%

データは年率です。

これらの時期は、市場平均はマイナスでしたが小型株やバリュー株に投資していればプラスだったそうです。

本当かな?

JUGEMテーマ:資産運用


ETF.com
This article is part of a regular series on thought leadership from some of the more influential ETF strategists in the money management industry.
www.etf.com

1. 2018年の株式投資はほとんどの場合赤字になった。S&P 500 はマシなほう


2. 今回の下落は平常のうち
2018年の最大下落率は-20%、1928年からの平均下落率は-16%

3. リセッションは想定すること


4. 投資サイクルは平常内

5. バリュエーションが予測に役立つ

「Percentile」は、現在の PER が過去の PER の下位何%にあたるかを示しているようです。

JUGEMテーマ:資産運用


ETF.com
To help prevent the next Great Depression, in 2008, the Federal Reserve increased the “price” of avoiding risk.
www.etf.com

Oppenheimer Rochester High Yield Municipal Fund (ORNAX) -48.9%
Oppenheimer Total Return Bond Fund (OPIGX) -36%
Oppenheimer High Yield Champion Income Fund (OPCHX) -78%

債券ファンドは株式よりもリスクが小さいはずですが、ジャンク債や REIT、MLP を含めると、そのメリットは吹っ飛び、金融危機時には株式と一緒に下落します。

JUGEMテーマ:資産運用



ETF.com
About 40% of mutual funds are run by asset management divisions of groups whose primary activity is commercial banking.
www.etf.com

米国のミューチュアルファンドのうち、約40%は銀行子会社が運用していますが、いろいろ問題があるようです。

・銀行子会社が運用するファンドは、そうでないファンドより0.92%アンダーパフォームする

・銀行子会社が運用するファンドのポートフォリオの15%は銀行の取引先の株式。そうでないファンドの該当株式の割合は6%

・取引先の銘柄はアンダーパフォームするが、非取引先の銘柄はアンダーパフォームしていない

・取引先の銘柄が多いファンドほどアンダーパフォームする傾向がある

・銀行子会社のファンドは、株式の貸し出しが多いほどアンダーパフォームする

・銀行の融資先の銘柄が多いファンドほどアンダーパフォームする

・産業の寡占化が進んでいる国ほど、銀行子会社のファンドはアンダーパフォームする

・銀行子会社のファンドのアンダーパフォームは、融資ビジネスとの利益相反が原因

・銀行子会社が非銀行に移った場合、取引先株式の保有が減り、パフォーマンスが向上する

・銀行子会社が運用するファンドは、パフォーマンスが悪くても資金が流出しない。この種のファンドは惰性で投資されていることが示唆される

JUGEMテーマ:資産運用