2018/02

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

<< >>


ソース: WisdomTree Dividend Index: Payouts Set New Record and Apple Added (ETF Trends)

WisdomTree は米国配当株インデックス (WisdomTree Dividend Index) を11月30日のデータを元に12月にリバランスします。
なお、以下の「配当額」は WisdomTree Dividend Index の構成銘柄の配当額を指していると思います。

・3年連続で配当額が増え、2007年11月30日から2009年11月30日の減少分を取り戻した。(3年で23%の増加)
・金融セクター以外の配当額は2007年11月30日から比べて42%増加した。
・金融セクターの配当額は2007年11月30日当時より、まだ43%少ない。
・ハイテクセクターの配当額が増えた。2007年11月30日から比べると172.18%の増加。
・ハイテクセクターの配当額は、金融、生活必需品に次ぐ第3位。
・今回追加された124銘柄の配当額の半分以上を Apple が占めている。
・2007年11月30日当時、米国株の配当額の3分の1が金融セクターが占めたが、現在は16.7%。
・現在、配当額の20%以上を占めるセクターはなく、分散されている。
・WisdomTree Dividend Index (WTDI) と Russell 3000 のセクター別比較
-- WTDI のセクター別 PER は、金融セクター以外で Russell 3000 よりも小さい
-- WTDI のセクター別 PCFR (株価キャッシュフロー比率) は、すべてのセクターで Russell 3000 よりも小さい
-- 以上から、配当株が割高とは考えにくい