2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: http://www.wisdomtree.com/resource-library/pdf/materials/DGRSWisdomTree-Case-For-DGRS-1442.pdf

WisdomTree U.S. Dividend Growth Fund (DGRW) や WisdomTree U.S. SmallCap Dividend Growth Fund (DGRS) の紹介記事を読むと、どちらも増配期待株 ETF のはずなのに、どうしても「配当があるグロース株 ETF」と読めてしまいます。

確かに英語では配当の増加もグロース株も growth と表現されるのですが、この違和感の原因はなんだろうと WisdomTree のサイトをググったところ

配当額加重はグロースセクター寄りになる

WisdomTree の手法である配当額加重を採用すると、グロース株銘柄の支払う配当額の方が多いため、配当株投資なのにディフェンシブセクターの比重がむしろ下がってしまうことがわかりました。

違和感の原因はこれかー。生活必需品セクターがグロースに分類されるのを知って以来の違和感です。

JUGEMテーマ:資産運用