2018/05

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ある案件に応募するにあたって日本語の履歴書が必要になりそうで、イヤになっています。面倒くさいのは

写真データが必要

TV電話が必要な案件でもないので、古いデータを使い回しますが、面倒くさいです。

応募案件に関係ない経歴も書く必要がある

日本の履歴書では最終学歴後の経歴を全部書くのが原則ですが、英語の履歴書では、応募案件に関連する経歴のみを書きます。

関係のない経歴は一切書いていませんが、それでも受注できています。

職歴についてのだいたいの反応ですが、

応募案件に関連する職歴が3年未満→経験やスキルが不足しているとみなされます。

応募案件に関連する職歴が15年以上→ノマドの場合、ベテランだと評価されることはまずありません。同じ仕事を長く続けているため、変化に弱く、新しい仕事を覚えない人間だと判断されがちです。

そんなわけで、自分の英文経歴書は過去10年程度の職歴しか書いてありません。

合理的ですが、職歴のない人間には厳しいシステムです。

ちなみに、受注実績表は最近1〜2年間分しか書きません。半年ぐらい前に大きな案件を受注していればベストです。