2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


Seeking Alpha
February started out pretty poorly with most of the trades going against me up to the last few days when the pairs trades moved into positive territory. EWG/EWI
seekingalpha.com

根拠は書いてありませんが、「アセット A のパフォーマンスはおおむねアセット B を上回る。だから、A に投資する ETF をロングし、B に投資する ETF をショートすればいいんじゃなね?」ということのようです。

次の組み合わせが紹介されています。

SPDR Gold Trust ETF (GLD) と VanEck Vectors Gold Miners ETF (GDX)

金をロング、金鉱山株をショート

iShares MSCI New Zealand Capped ETF (ENZL) と iShares MSCI Australia ETF (EWA)

ニュージーランド株をロング、オーストラリア株をショート

iShares MSCI Germany ETF (EWG) と iShares MSCI Italy Capped ETF (EWI)

ドイツ株をロング、イタリア株をショート

ETFS Physical Palladium Shares ETF (PALL) と iPath DJ-UBS Nickel Total Return Sub-Index ETN (JJN)

パラジウムをロング、ニッケルをショート

iPath DJ-UBS Copper Total Return Sub-Index ETN (JJC) と Global X Copper Miners ETF (COPX)

銅をロング、銅鉱山株をショート

Financial Select Sector SPDR ETF (XLF) と iShares MSCI Europe Financials Sector Index ETF (EUFN)

アメリカの金融セクターをロング、ヨーロッパの金融セクターをショート

Amplify Online Retail ETF (IBUY) と SPDR S&P Retail ETF (NYSEARCA:XRT)

オンライン小売業をロング、店舗型小売業をショート

なんとかく納得できるのは、ドイツ株とイタリア株、小売業の組み合わせですね。

ニュージーランドとオーストラリアの組み合わせは疑問です。