2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


【2019年3月1日の追記】
下記のレジデントパスですが、おそらく、詐欺 (偽造ビザ) だと思います。


MM2H 関連で動きがあったので、メモ

ソース: 【重要】まもなくMM2Hビザの要件変更!! (ITコンサルタントから海外起業家に転身してビジネスが成功するまでのよもやまブログ)

政府機関からのレターがソースだそうで、確度は高そうです。

・年齢区分が無くなり、60万RMの資産が必要に
・定期預金の必要額は50万RMに
・車の免税がなくなる
・1年のビザ代が270RMに
・手続き費用1000RMが必要に

現行のビザ保有者への影響は不明。期限までは影響はないと思いますが、更新時が問題。

ソース: http://mm2honline.motac.gov.my/

2017年3月3日より、オンライン申請ができるようになりました。
紙の申請は6月30日まで有効だそうで、言い換えれば、6月30日で廃止されるようです。

ソース: 衝撃的なパスの発行が可能に。レジデントパス (りか@ペナンのブログ。)

MM2Hは観光省が仕切るパスですが、こちらはKDN(Kementerian Dalam Negeri。内務省)が打ち出したプロジェクト。こんなに簡単でいいのかと思うくらい簡単な申請方法なのですが、必要なのは以下のものだけ。

・パスポート 全ページコピー

・パスポートの写真と同じサイズの写真を6枚。背景は青。

え?これだけ???ですよね。

費用はかなり高めの35,000リンギットですが・・・。

5年×2のパスが発給されるようで、計10年間のパスです。それ以降のことはまだ考えられていないよう。

お役所の縄張り争いの結果じゃないでしょうか。

MM2H の更新が難しくなったら検討するかもしれません。

JUGEMテーマ:マレーシア