2017/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


今日、珍しくリレーションシップマネージャーから電話がかかってきて知らされました。

特定につながるので詳しくは書きませんが、今のままでは口座は維持できないそうです。

【追記】
追加書類の提出により、口座は維持できることになりました。

【追記の追記】
詳しくは書きませんが、届出住所が第3国の場合チェックが厳しくなったためです。
対策として一番良いのは、居住国にある日本大使館で住所証明 (在留届の英訳認証など) を出してもらうことです。
マレーシアの日本大使館はそんなものを出してくれないので、話がややこしくなりました。
居住国が新興国の場合、現地で発行した書類が通用しないことがあるんですね。
これは、昨年口座を開設した銀行でもそうで、書類をマレーシアでなく香港やシンガポールの会計士や公証人に作ってもらう必要がありました。