2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ETF.com
There’s a large body of research demonstrating that, while past returns do not predict future returns, past volatility largely predicts future near-term volatility.


www.etf.com

・過去の株価で将来の株価を予測できないが、過去のボラティリティで将来のボラティリティは予測できる

・これは株式だけでなく、債券、コモディティ、通貨でも見られる

・ボラティリティを抑えると下落リスクも抑えられる

・ボラティリティとリターンは負の相関係数

・ボラティリティが小さい時はレバレッジを掛け、大きい時はレバレッジを抑える

・ボラティリティが小さい時はシャープレシオが高くなり、大きい時はシャープレシオが低くなる

・高いシャープレシオは長く続かず、シャープレシオの高さを重視する投資は長期投資を断念する可能性が必要

・株価の上昇時には尖度が小さく歪度がプラスになる

・マネージドボラティリティはテールリスク当たりのリターンがベンチマークより大きくなる

JUGEMテーマ:資産運用