2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


 欧米の機関投資家が、化石燃料やたばこなど環境や健康への負荷が高い企業からの投資の引き揚げを相次いで表明している。昨年末以降、米サンフランシスコ市職員退職年金基金(SFERS)や仏保険大手アクサなどが
www.nikkei.com

欧米の機関投資家が、化石燃料やたばこなど環境や健康への負荷が高い企業からの投資の引き揚げを相次いで表明している。
昨年末以降、米サンフランシスコ市職員退職年金基金(SFERS)や仏保険大手アクサなどが方針を明らかにした。

しかし、こちらの記事によると北米ではそれほどでもないようです。
It’s de rigueur in Europe to invest sustainably. But in North America such thinking — like warm ale — just hasn’t taken off.
www.institutionalinvestor.com

Royal Bank of Canada の調査によると、投資判断で社会責任投資が重要な役割を果たしていると思う投資家の割合は、

ヨーロッパ 45%
アメリカ 12%
カナダ 16%

Schroders が30か国の投資家22000人にアンケートした結果では、

アメリカの投資家の81%は、持続可能性が5年前よりも重要になったと考え、70%が過去5年間で持続可能な投資を増やしている

ヨーロッパの投資家75%は、持続可能性が5年前よりも重要になったと考え、58%が過去5年間で持続可能な投資を増やしている

これまで巡回した範囲では、社会責任投資は通常の投資ほどリターンを上げるのが難しいのが問題になっている模様。

JUGEMテーマ:資産運用