2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ETF.com
In keeping with its investment focus on China, KraneShares has filed for an ETF that will target companies likely to benefit from the growth of artificial intelligence and robotics technologies.
www.etf.com

KraneShares Robotics and Artificial Intelligence Index ETF (KBOT) が申請されました。

FactSet でロボティクスまたは人工知能のソフトウェアあるいはハードウェアの製作会社に分類され、ロボティクスまたは人工知能関連の売り上げの20%以上が中国本土の企業に投資します。

ソース記事では売り上げが中国本土であれば、企業の国籍は関係ないと書かれていますが、A 株や H 株に限定されている模様。