2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


Smart beta specialist Ossiam has launched a new fund in Europe: the Ossiam US ESG Low Carbon Equity Factors UCITS ETF. The fund, which has listed on London Stock Exchange and Xetra, provides exposu…
www.etfstrategy.com

Ossiam US ESG Low Carbon Equity Factors UCITS ETF (OUFE) がロンドン証券取引所とドイツの Xetra でローンチされました。コストは0.45%。

米ドル建てとユーロ建てがあります。ソース記事にはっきりと書かれていませんが、ロンドン証券取引所では米ドル建て、Xetra ではユーロ建てが取引されていると思われます。

GBS United States Large & Mid Cap Index と Solactive GBS United States Small Cap Index を合わせた「トータルユニバース」に投資します。

Sustainalytics と Trucost による社会責任投資スコアが低い銘柄を時価総額の20%分除外し、さらに、議論の分かれるビジネス、タバコ、石炭に関連する企業、国連のグローバルコンパクト原則に準拠しない企業、発電の20%超を石炭に頼る電力会社を除外します。

社会責任投資に合わない銘柄を除外した「エリジブルユニバース」(エリジブルは「適格」を意味します)は「ストックファクターポートフォリオ」と「セクターファクターポートフォリオ」に分かれます。

「ストックファクターポートフォリオ」は、モメンタム、サイズ、バリュー、低ボラティリティの4ファクターのうち3ファクター以上の評価が上位50%に入る銘柄で、「トータルユニバース」の40%の炭素排出量を上限としながらファクターえくぽーファーが最大になるように加重されます。

「セクターファクターポートフォリオ」は「トータルユニバース」の40%の炭素排出量を各セクターの上限としながら「トータルユニバース」とのセクター比重が変わらないように銘柄の比重を調節した上で、バリューとモメンタムの比重を上げながら「トータルユニバース」の時価総額と対応させてセクターの比重を調整します。

「ストックファクターポートフォリオ」と「セクターファクターポートフォリオ」の比重は50%ずつですが、各銘柄の上限は4.5%、各セクターの上限は「トータルユニバース」のセクター比重+20%となっています。

これだけ面倒くさい手順を踏みますが、アクティブ運用です。