2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


Fixed income investors have become increasingly interested in emerging market debt and ESG exposures, according to research from Invesco, highlighting an opportunity for ETF issuers to develop prod…
www.etfstrategy.com

Invesco が北米、EMEA (欧州、中東、アフリカ)、APAC (アジア太平洋) の159の債券資産を持つ投資家にインタービューした結果

・72% が新興国債券に投資 (1年前は49%)

・54% が ESG 分析で債券投資で新たな価値をもたらす可能性があると考えている

・新興国に投資しているのは、EMEA の80%、APAC の89%、北米の51%

・新興国債券投資家の63%は、リターンを上げるために投資を増やしている

・EMEA の新興国債券投資の69%は、債券利回りの低下を新興国債券投資の理由に挙げている (北米は25。分散を理由に挙げる傾向が強い)

・EMEA の80%、APAC の69%が ESG 投資 (2019年はそれぞれ51%と38%)。北米の56%が ETS 投資

・ESG 投資がリターンを下げると考えるのは3%、50%はリターンを向上させる可能性があると考えている

JUGEMテーマ:資産運用