2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>



 


Note 10+ ではありません。日本で発売されていない Note 10 です。

購入価格は2949RM(約74000円)。マレーシアの発売当初の価格は3599RMだったのでほぼ20%引き。

現在でも、新品で2999RM未満で売っているところはあまり見かけないです。

メインで使用。Oneplus 7Tを買おうと思っていたのですが、当時のスマホポーチに入らず、これになりました。

使いやすいと思いますが、待ち受け時のバッテリーの持ちが良くなく、まったく使わなくても1日に25%以上減ります。


 


Oneplus 7T ではありません。そのひとつ前の Oneplus 7 です。8GB/256GBモデルを1799RM(約45000円) で購入。発売当初の価格は2599RMだったので30%引き。

7T は2099RMでしたが、そろそろ買うのが難しいと思います。Oneplus の旧モデルは、日本では3万円台で買わないとバカにされます。

カスタマイズが少なく、電池の持ちが良いです。主に電子書籍用。Volte 化が面倒くさいのが最大の欠点。


 


Xiaomi Mix 2S の64GBモデルです。799RM(約2万円)。2018年の発売当初の価格は1999RM、現在の公式価格は1299RMです。

事情はわかりませんが、最近、急に在庫が出回り、799RMであちこちの店で売っています。

上の2台が壊れた際の予備用。レビューを読むと電池の持ちは悪いようですが、実際には良いほうだと思います。

2年前のモデルですが、おそらくあと2回バージョンアップされると思います。


 


おサイフケータイ専用機として、200RM(約5000円)で購入。

Docomo の中古スマホはマレーシアでも買えます。Galaxy 以外は日本の中古相場より安いと思います。

その他
Huawei Mate 10: バッテリーが膨張したので電源を切って保管中。8月以降、米政権の制裁が緩和されればバッテリーを交換するが、そうでなければ処分する予定。
LG V20: バッテリーを交換しても1時間で50%減るようになってしまい、買い替えに向かう途中、すられました。
Xiaomi Mix 2S: こちらは128GB版。当初の販売価格2199RMから1399RM (約35000円) に下がったところで購入したものですが、LG V20 とともにすられました。
Moto G4 Plus: 処分待ち。32ビットモデルなので、来年の4月以降、アプリを更新できなくなるはずです。
Huawei Mate 10 pro: バッテリーが膨張したため、処分済み。
LG Stylus 2: 処分済み。4G + 2G でなければ、もう少し使っていました。