2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


3連休なので、ひさしぶりにわたしのインデックスでセクター別最頻リターンを計算してみました。

利用したのは FTSE インデックスで、2010年11月末のデータを元にしました。
FTSE セクターは「生活必需品」が無いのが不満ですが、新興国セクターインデックスはこれしか載っていないので仕方ありません。

石油ガス素材資本財消費財ヘルスケア消費者サービス通信サービス公益金融テクノロジー
10年先進国
-2.044%
-1.683%
2.547%
-3.449%
1.869%
0.153%
-1.832%
-2.326%
1.671%
-7.864%
-15.978%
新興国
6.293%
4.566%
10.315%
4.198%
9.414%
11.007%
8.964%
4.263%
7.523%
5.443%
-12.763%
15年先進国
1.973%
4.501%
0.641%
-1.151%
1.736%
4.327%
0.529%
0.214%
4.044%
-3.388%
-7.768%
新興国
-1.683%
-0.977%
-2.489%
-6.342%
-12435%
3.543%
-2.456%
-1.419%
-4.378%
-3.129%
-16.027%


・・・安心して投資できるセクターは、新興国ヘルスケアセクターぐらいです。

なお、JPモルガン EMBI グローバル(新興国債券)の最頻リターンは、8.784%(10年)と8.654%(15年)でした。 !Σ(゜∀゜)

関連記事: セクター別最頻リターン(2009年9月)

JUGEMテーマ:資産運用