2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


3連休なので、MSCI Barra のサイトで調べました。

セクター別インデックスの基準は直近の営業日に限定されるので、下の表は、2011年1月7日という中途半端な日を基準にした過去10年間の年率リターンを示したものになります。

サイズグロースバリュー一般消費財生活必需品エネルギー金融ヘルスケアIT工業素材電気通信公益事業
先進国
0.56%
0.54%
0.40%
1.14%
4.759%
7.175%
-3.326%
0.275%
-2.529%
2.378%
9.633%
-4.076%
1.594%
小型株
7.67%
6.32%
8.05%
6.736%
9.452%
15.417%
4.613%
7.819%
0.378%
8.699%
15.173%
-3.554%
6.890%
新興国
12.65%
10.78%
14.50%
17.216%
15.648%
18.436%
12.591%
14.455%
6.067%
13.219%
18.715%
7.397%
13.276%
小型株
15.93%
12.41%
20.08%
14.415%
20.344%
26.374%
14.781%
19.718%
2.408%
19.438%
22.244%
9.763%
19.988%


この表を見て、よく言われる○○効果を考えてみると・・・

新興国株式は先進国株式をアウトパフォーマンスする
過去10年間の年率リターンでは、あてはまります。

バリュー株はグロース株を長期ではアウトパフォーマンスする
この表では、先進国大型株が当てはまりませんが、「わたしのインデックス」で過去15年、20年を調べると当てはまります。

小型株効果
新興国の一般消費財と IT セクターで当てはまりません。

バリュー株より優位なセクターが存在するかどうかが知りたいのですが、最頻リターンが計算できないのでわかりません。

ただ、バリュー株は金融セクターの割合次第で、意外に最頻リターンが小さい気がします。

JUGEMテーマ:資産運用