2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: Volatility Drag: What is it? What’s it doing to my wealth? And how do I curb it?
(SamPittman's Instablog)

ソースは Seeking Alpha にリンクされているブログです。

たとえば、1000ドルの株価が20%下落し、その翌日に20%上昇すると、1000 × 80% × 120% = 960 で、
元の株価である1000ドルには40ドル不足します。

同様に、1000ドルの株価が50%下落し、その翌日に50%上昇すると、1000 × 50% × 150% = 750 で、
元の株価である1000ドルには250ドル不足します。

この、n % 下落後 n % 上昇しても、元の価格に不足する分(上記の40ドルや250ドル)のことをVolatility
Drag と呼び、ボラティリティがリターンを食いつぶす度合いを示します。

日本語訳は無いようですが、あえて訳すなら「ボラティリティ抗力」になるでしょう。

ソースによると、Volatility Drag の計算式は

0.5 × ボラティティの2乗

になるそうです。

たとえば、リターン14%、ボラティリティ37%の場合、0.5 × 0.37 × 0.37 = 0.06845 で、14% の
リターンから6.8%がボラティリティによって食われます。

・・・と書いてみましたが、Volatility Drag が広く使われているかどうか、ググっても、いまいち確信が
持てません。最初、これは最頻リターンの変形かと思いましたが、計算結果が一致しません。

JUGEMテーマ:資産運用