2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: Investing after the Downgrade (morningstar.com)

米国債が格下げされるような状況でのオヌヌメだそうです。

・景気循環と低壮観な投資適格社債

・格上げの可能性があるか、担保のあるジャンク債

・景気循環と低相関で、繰上げ償還の可能性が低いから担保付証券

・非米国通貨。メキシコペソ、中国元、マレーシアリンギット、豪ドル、カナダドル、シンガポールドルなど

・インフラ投資をするだけの資金がある新興国の社債

・歳入担保地方債

ずいぶんとピンポイントです。PIMCO のファンドなら、これだけ絞るのも可能なんでしょうか?

JUGEMテーマ:資産運用