2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


元ネタ: 【香港市場、国有企業の上場一巡】 (10月25日の日本経済新聞)

香港は米証券取引所に上場した中国企業によく見られる会計スキャンダルとはおおむね無縁だっだ。
上場している企業を買収する形の、いわゆる「裏口上場」を厳格に審査しない米取引所と違い、
香港市場ではこれらの例も実質的にIPOとして扱ってきたためだ。

香港市場の方が米市場より厳しい部分があるというのは、意外でした。

SFCは香港の2つの主要株式指数を構成する銘柄と特定の金融企業銘柄の、ネット取引による空売りポジションにも
新規制を導入。投資額が3000万香港ドルか、銘柄企業の株式発行総額の0.02%を超えた場合には取引実態の公開を
強化する措置をとった。香港での関連予防策には、投資家が現物株を手当てしないまま売り切る「ネイキッド・
ショート」(裸の空売り)の禁止や、すでに値下がりしている銘柄の空売り規制なども含まれる。

orz が知る範囲では、香港の証券会社の信用取引って、ロングのみなんですよね。ショートができる証券会社が
あったら(実際に利用することはないでしょうが)知りたい。また、香港株を空売りしたいと言っている投資ブログが
見当たらないのも、不思議です。

JUGEMテーマ:資産運用