2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ネタ元: 【国税庁、課税逃れ防止へ海外と連携】 (11月18日の日本経済新聞)

政府は1950年代から各国との情報交換制度の整備を進め、現在は64カ国・地域と租税条約や租税協定を締結。
国税庁が依頼すると、現地の税務当局が銀行調査などを行い、日本人や日本企業の預金口座の残高や出入金状況を
報告してもらう体制を整えている。

ネットでは、「○○銀行で日本人が海外口座を開くと日本の税務署に報告されます」みたいな情報が見られます。
「当社のサービスを使って△△銀行に口座を開けば大丈夫です」という文句が続くのですが、どう判断すればいいんでしょうねぇ。

JUGEMテーマ:資産運用