2019/12

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: 【HSBC香港】ついに日本人排除へ (札幌の不動産屋日記)

おなじみパンダ不動産からの情報です。

もっともバンクリファレンスが必要になるのは、郵送で申し込む場合のみで、現地に直接行く場合は、まだ大丈夫だそうです。

必要なバンクリファレンスは、HSBC のものなら1枚、HSBC 以外のものなら2枚です。

バンクリファレンスとは、銀行からの紹介状のようなもので、日本では発行している銀行はありません。

今回の件について、あちこちの海外口座ブログで取り上げられることになると思いますが、海外口座を持っている人でも、
実際にバンクリファレンスを発行してもらったことがある日本人は、ほとんどいないと思います。

昔、BAI の掲示板で、マン島にあった FSharp (アイルランド銀行系のオフショアバンク。今はありません) に
バンクリファレンスを発行してもらった人がいましたが、「この顧客は非居住者のため、取引実績はほとんどない」
などと正直に書かれていたそうです。

こんなバンクリファレンスを提出したら、開ける口座も開けなくなるな! と思ったのが当時の感想でした。

JUGEMテーマ:資産運用