2020/10


ソース: 【S&P、独仏など15カ国を格下げ方向で見直し】 (日経電子版)

ドイツを含むユーロ圏の国債が S&P のネガティブウォッチの対象になりました。

Market Hack の説明によれば

向こう90日間の監視期間中に50%の確率でこれらの国の格付けが引き下げられる可能性が出た

とのことです。

とりあえず、ユーロ圏 AAA 格付け国債に投資する ETF をローンチさせている Lyxor は涙目じゃなかろうか。

関連記事: Lyxor、格付け AAA ユーロ建て国債 ETF を追加ローンチ

JUGEMテーマ:資産運用


comment









trackback