2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース:
HSBC fined for mis-selling care bonds (Financial Times)
[FT]英HSBC、高齢者惑わす債券販売で巨額罰金 (日経電子版)

英系金融大手のHSBCが英金融サービス機構(FSA)からリテール部門では過去最高の1050万ポンドの罰金を
科せられた。高齢で要介護の数千人の顧客に対し、長期的な介護費用を賄うための複雑な金融商品を販売したとして、
2930万ポンドの補償金支払いも命じられた。
FSAの調査で、販売件数の87%で顧客に不向きな商品を勧めていたことが判明した。顧客の平均年齢は83歳で、
多くの人がこの商品の利益を享受するには年齢が高すぎ、健康状態も良くなかった。通常は5年の信託期間を
視野に入れた投資商品だという。

正確には、HSBC 本体ではなく、買収した NHFA という会社の仕業でした。NHFA 今年閉鎖されましたが、原文では
罰金をディスカウントしてもらうための手法というか対応だったように読めます。

そもそもこの手のスキャンダルがどれほど多数発生すれば、規制当局が後手に回ることなく事前に防止するために
動いてくれるのかと、誰しも疑問に思うだろう

監視や評価や規制をする側が、当事者よりも(ずる)賢くなければ、物事はうまく回らないものです。

JUGEMテーマ:資産運用



comment









trackback