2018/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


カメラ
Hiding under the screen is not just for fingerprint readers.
www.gsmarena.com

自分は、6インチ前後の画面で高さ140ミリ台のスマホを希望しています。

老眼なので大画面が欲しいのと、ポケットのサイズに合わせるためです。

そのためには撤退的にベゼルレス化したスマホが必要なのですが、それに一番ジャマなのはインカメラです。

さすがにインカメラのないスマホというのも嫌ですが、ベゼルからカメラを無くして欲しいと思っていたところ、Samsung がカメラを画面の下に配置する特許を申請したとのニュースがありました。

普通のカメラより画質は下がるでしょうが、自分はカメラは重視しないのでかまいません。

カメラよりもベゼルレスが大事なユーザー向けに、ぜひ商品化して欲しいです。

また、これは太いベゼルにこだわる Sony は絶対やらないだろうなぁと思いました。


現在、日本で AirSim を使用していますが、1Mbpsしかスピードが出ません。

APN も自動設定されず、しかも APN の設定が名称だけで信じられず、各項目の設定をネットで探し回るハメになりました。


LG Stylus 2 Plus
買った当時の SIM2 は 2G 専用だったのですが、ふと思いついて試したところ、4G も使用できるようになっていました。

途中、Android 6 から 7 にアップデートしたためだと思います。

ただし、SIM1 と SIM2 の両方が同時に 4G になることはありません。片方が 4G になるともう片方は必ず 2G になります。



 


Xperia V (SO-01E のベースモデル) を処分しました。

LineageOS をインストールしましたが、スリープ死を起こすのでスマホとしては使えず、目覚まし時計兼電卓として使ってきましたが、もうそろそろかなと。

防水でありながらバッテリーが交換できるというオーバーテクノロジーですが、Google マップの表示が追い付かないなど、さすがに無理がありました。

ちなみに、3つのバッテリーを交換しつつ使ってきましたが、2つは膨張しています。


Samsung Galaxy J2 2018
Der koreanische Elektronikkonzern Samsung frischt derzeit seine günstigeren Smartphone-Modelle auf. Kürzlich wurde bereits das neue Samsung Galaxy A8 (2018) präsentiert und jetzt liegen erste offizielle Bilder und sämtliche Spezifikationen zu einem weiteren neuen Gerät vor - dem Samsung Galaxy J2 ...
winfuture.de

Samsung はバッテリーを交換できるスマホを新発売します。当初はロシアで発売し、価格は115ユーロ程度になるとのことです。

Galaxy J2 (2018)

画面 5インチ 540x960 Super AMOLED
RAM 1.5GB ROM 16GB
Soc Snapdragon 425
Android 7.1.1 Nougat

バッテリーが交換できるようにするとコストが高くなるという人がいますが、ローエンド機種で交換できるのはなぜなんでしょうね。

また、ローエンドですが有機 EL です。液晶よりも低コストだと聞いています。


マレーシアのスマートフォンのマーケットシェア
According to International Data Corporation (IDC)’s latest report, despite the whole Galaxy Note 7 fiasco last year, Samsung remains as the top smartphone
technave.com

MM2H 関連のブログで意外に誰も話題にしないのでググってみました。

IDC による調査結果ですが、台数ベースのデータなので、金額ベースなら高額機種の多い Apple の順位が上がると思います。

このデータを見た感想ですが、

・Vivo がランク外というのはどう考えても低すぎ

・Asus ストアはほとんど見かけないので、第4位というのは信じられない

・Samsung ストアで実際に売れているのはローエンドの J シリーズだと思う。Sシリーズは単なる客寄せ

店頭のセール商品を見ると、売れ筋は1000RM未満だと思います。

JUGEMテーマ:ケータイ



 


ほとんど使っていなかったのですが、バッテリーが妊娠してしまい、香港で買った交換用バッテリーが純正のはずなのに「純正でありません」と表示が出たので処分しました。

問題の症状が出てから処分まで時間がかかったのは、オンラインバンキングのログインソフトがインストールされていて、処分してしまうと予備がなくなってしまい、運用に支障が出る可能性があったからです。

今月、LG V20 を購入したので、この機種を処分することができました。

そういえば、LG Stylus 2 のバッテリーも妊娠気味です。交換用バッテリーを買ってくればよかった。

JUGEMテーマ:ケータイ


九龍旺角亞皆老街83號先達廣場1樓F30號舖

永勝電訊 Wing Shing Telecom

旺角の先達広場内ではこの店のバッテリーの品ぞろえが一番豊富だと思います。

なお、売っているのは、あくまでも消費者がバッテリーを取り外せる機種用のバッテリーです。

分解が必要な機種のバッテリーなら 深水埗に行くか、修理屋さんに聞くべきでしょうね。



 


昭角にある小米之家 (Xiaomi の公式ショップ) に行ってきました。平日の午後でしたが、結構込んでいて人気があるようでした。

チェックしたのは、ベゼルレスで有名な Xiaomi Mix2 と Android ONE 機種の A1。

Mix2 は、LG V20 と画面の高さがほぼ同じなのに高さが15ミリほど低く、さすがでした。

独自 UI の MIUI 9 は日本語対応。メニューの上位レベルにクリーニングがあったので試したところ、その時点で日本語ロケールに変更していたのですが、中国語関係のアプリを不要に認定して、キーボードを含めて一気に削除してくれましたw

通販だとグローバル対応 MIUI 9 が入っていない可能性が高いので、カスタム ROM を焼く根性のない人は公式ショップで買うのがいいと思います。

A1 は没個性な1台でしたが、Snapdragon 600 シリーズで2万円前半で買えるのは悪くないと思います。

ついでにですが、小米之家の1階下には Meizu (魅族) の公式ショップがありました。

デュアル画面の 7 Pro ですが、何かあるとすぐに自撮りモードに入ってしまい、むさい自分の顔を見ることになります。

ナルの人にお勧めですが、日本語ロケールはなかったと思います (設定メニューはパスワードで保護されていて、ロケールは確認できませんでした)。



 


LG V20 (グローバル版) を買いました。

本体、交換用バッテリー、スクリーンプロテクター、ケース込み込みで2900香港ドル (約41800円)。

意外にも、ケースにストラップホールが開いていました。

値切り交渉は得意ではありませんが、値段的にはこんなものかと思います。

他の購入候補について。

LG Stylus 3: 大手量販店以外では意外に売っていない。

Moto G4 Plus: たまーに売っているが、ケースやプロテクターは売っていない。
これらは日本で買ってもいいのですが、この機種は1台持っていて、オンラインバンキングで同じ型のスマホを複数登録できない可能性があるのでスルー。

Moto X4: 見かけませんでした。

Galaxy S5: 多くの店で売っていました。Lineage などのカスタムROMを入れるなら悪い選択肢でないと思います。
1600香港ドル (約23000円) で Snapdragon 801 搭載、防水、バッテリー交換可能な機種が入手できます。
交換用バッテリーも売っています。