2020/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


By Ben Leale-Green, Analyst, Research & Design, ESG Indices, S&P Dow Jones Indices.Since launching the S&P ESG Index Series, we have been continuously asked the same question: Can e…
www.etfstrategy.com


S&P 500 ESG Index と他の S&P 500 バリエーションとの比較。

S&P 500 とのリターンの比較


2019年1月以降のリターンの比較


JUGEMテーマ:資産運用


By Jack Forehand, CFA There is probably no investing factor that makes more sense to your average investor than quality. We all want to own great companies – think Apple, Microsoft, Google, JP Morgan. We love to invest in companies that consistently compound their earnings over time. And owning high quality, brand name businesses certainly makes you sound smarter at cocktail parties than owning cheap value stocks that many people think will never bounce back. It… Read More
blog.validea.com

・クオリティファクターは、バリューファクターやグロースファクターと違って、人によって定義の違いが大きい

・効率的な市場では、高クオリティ企業の株価は割安にならない

・ファクターが超過リターンを得るのはリスクを取ったためだが、リスクと取ること自体がクオリティファクターの概念と相いれない

・クオリティファクターは他のファクターと組み合わせると役に立つ (バリュー株から財務指標の悪い企業を除くなど)

個人的には、クオリティとバリューの違いがよくわからんです。

JUGEMテーマ:資産運用



By Berlinda Liu, Director, Global Research & Design, S&P Dow Jones Indices.Active managers sometimes seek to soften the conclusions of our regular SPIVA reports by arguing that, while i…
www.etfstrategy.com

相変わらず、長期的には市場平均に勝てなさそう。



(注意: 市場平均に負けてるファンドの割合です。表のタイトルは「市場平均だけアウトパフォームしたファンド」と読めなくはないですが)

JUGEMテーマ:資産運用


Don’t expect alts to be risk dampeners.
blogs.cfainstitute.org

ソース記事で大学基金の運用を調べたところ、ヘッジファンドなどのオルタナティブ投資は、従来の株式・債券を60/40で保有するポートフォリオをアンダーパフォームし、ボラティリティも大きかったとのことです。

だめじゃん

JUGEMテーマ:資産運用


6040
The Vanguard Balanced Index Fund, which mirrors the 60-40 portfolio of stocks and bonds, has wiped out its 2020 loss.
www.cnbc.com

株式60:債券40のポートフォリオが、年初来でブレークイーブンに達したことがわかりました。

しかし、金融界ではあまり歓迎されていないようです。

その理由は、最近、利率が下がってきているため、債券をポートフォリオから外す動きがあったため。

金利が良くて、株式の変動を軽減する都合の良いアセットがないのは、いろいろな意味で困るんですね。

わかります。

JUGEMテーマ:資産運用


This post is available as a PDF download here. Summary Defensive equity strategies are comprised of stocks that lose less than the market during bear markets while keeping up with the market during a bull market. Coarse sorts on metrics such as volatility, beta, value, and momentum lead to diversified portfolios but have mixed results […]
blog.thinknewfound.com

1999〜2009年の株式の値動きを機械学習させてから、ディフェンシブ投資 (相場下落時の下落を抑えながら、上昇時には市場平均に追いつくのを目標とする) をさせたところ、低ボラティリティ投資と大差ない結果に終わったそうです。

ソース記事は面倒くさいので結論部分しか読んでいませんが、気になった点が2つ。

既存の投資手法を凌駕するためには、「過去のボラティリティが将来のボラティリティを予測するのに最も有用」であることが邪魔なようです。つまり、ある銘柄のボラティリティがランダムに変動する (ある銘柄がディフェンシブになったり、景気敏感株になったりめまぐるしく変わるなど) のが当たり前にならないとディフェンシブ投資がうまくいかないらしい。

また、バリュー、クオリティ、グロースのファクターは、学習が進むにつれて無視されるようになるとのこと。

JUGEMテーマ:資産運用


ETF.com
There are multiple reasons that could explain its underperformance.
www.etf.com

2020年5月19日までの10年間で、iShares Morningstar Small Cap Value ETF (JKL) の年率リターンは5.09%、iShares Russell 1000 Growth ETF (IWF) の年率リターンは15.19%でした。

10年間の結果がこうですから、小型バリュー株に投資する理由が危うくなります。

この結果の理由として挙げられているのが

1. ファクターがデータマイニングだから
2. 市場構造が変わってバリューファクターが無意味になった
3. バリューファクターが混雑した
4. 偶然
5. バリューファクターが安くなった

1. はよくわかりませんが、過去のファクターと株価が因果関係でなく相関関係だったからという意味でしょうか
2. もよくわかりません
3. 混雑したというのは、小型バリュー株への投資が増えて割高になったということでしょうか
4. そう言い切られると突っ込みが難しい
5. それは、「バリューファクターがアンダーパフォームした」の言い換えでは?

まぁ、結局、意味不明です。

JUGEMテーマ:資産運用


Are Expensive Factors More Risky?
www.factorresearch.com

・ファクターには安いファクターと高いファクターがある

・最も安いファクターはバリュー、続いて低ボラティリティ、サイズ

・高いファクターはクオリティ、モメンタム、グロース

・ファクターの高低は長期的にほとんど変わらない

・ただし、安いファクターは高く、高いファクターは安くなる傾向がある

・株式銘柄でもファクターが安い銘柄のリターンは高い銘柄のリターンをアウトパフォームする

読んでいて混乱するのですが、元々、一見ネガティブなファクター (バリュー、低ボラティリティ、サイズ) は高評価になるほどマイナスの値が出て安くなり、ポジティブなファクター (クオリティ、モメンタム、グロース) は高評価になるほどプラスの値が出て高くなります。

それを比較するのはおかしいと思うのですが、バリューと低ボラティリティが比較的良い結果が出ているようなので、いいのでしょう。

JUGEMテーマ:資産運用


Fixed income investors have become increasingly interested in emerging market debt and ESG exposures, according to research from Invesco, highlighting an opportunity for ETF issuers to develop prod…
www.etfstrategy.com

Invesco が北米、EMEA (欧州、中東、アフリカ)、APAC (アジア太平洋) の159の債券資産を持つ投資家にインタービューした結果

・72% が新興国債券に投資 (1年前は49%)

・54% が ESG 分析で債券投資で新たな価値をもたらす可能性があると考えている

・新興国に投資しているのは、EMEA の80%、APAC の89%、北米の51%

・新興国債券投資家の63%は、リターンを上げるために投資を増やしている

・EMEA の新興国債券投資の69%は、債券利回りの低下を新興国債券投資の理由に挙げている (北米は25。分散を理由に挙げる傾向が強い)

・EMEA の80%、APAC の69%が ESG 投資 (2019年はそれぞれ51%と38%)。北米の56%が ETS 投資

・ESG 投資がリターンを下げると考えるのは3%、50%はリターンを向上させる可能性があると考えている

JUGEMテーマ:資産運用



マレーシアとタイのボーダーレス口座が使えなくなるというアナウンスがあったのですが、ヒューマンエラーということで取り消されました。

おわびに75リンギットをもらえました。これで請求書を出せます。

JUGEMテーマ:資産運用