2019/06

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


ソース: 10 Best Global ETFs of 2013 (ETF Trends)

ティッカーの後の数字は、2013年12月12日までのリターン。

Market Vectors Global Alternative Energy ETF (GEX) 59.9%

Guggenheim China Technology (CQQQ) 52.5%

Powershares Golden Dragon Halter USX China Portfolio (PGJ) 49.5%

Global X NASDAQ China Technology ETF (QQQC) 45.8%

PowerShares Global Clean Energy Portfolio (PBD) 45.5%

db X-trackers MSCI Japan Hedged Equity Fund (DBJP) 40.6%

iShares MSCI Ireland Capped ETF (EIRL) 37.7%

WisdomTree Japan Hedged Equity Fund (DXJ) 38.7%

iShares MSCI Denmark Capped ETF (EDEN) 32.3%

WisdomTree Europe SmallCap Dividend Fund (DFE) 31.1%

ソース記事のタイトルは「グローバル ETF」だけど、単一国の ETF をそう呼ぶのは難しいと思う。




ソース: A Few of 2012s Best Market ETFs Repeated in 2013 (ETF Trends)

ティッカーの後の数字は、2012年と2013年のリターンを示します。

First Trust US IPO Index Fund (FPX) 28.9%、38.2%

PowerShares Global Listed Private Equity Portfolio (PSP) 26.6%、20.1%

Guggenheim Spin-Off ETF (CSD) 26%、45%

UBS ETRACS Wells Fargo Business Development Company Index ETN (BDCS) 23.5%、4%

BDCS が選ばれたのは、配当利回りが7%と高いためのようです。

Guggenheim S&P 500 Pure Value ETF (RPV) 22.9%、38.5%

ELEMENTS Linked to the Morningstar Wide Moat Focus Total Return Index (WMW) 22.5%、23.1%

Guggenheim Wilshire Micro-Cap ETF (WMCR) 21.1%、37.5%

Guggenheim S&P Smallcap 600 Pure Value ETF (RZV) 19.7%、34%

UBS ETRACS S&P 500 Gold Hedged Index ETN (SPGH) 19.7%、-9.3%

ソースのコメントは「よくやっている」という評価です。

Powershares Dynamic Market Portfolio (PWC) 18.9%、33.9%



ソース: Providers Revamp Fixed Income ETFs Amid Rising Rates (IndexUniverse.eu)

・デュレーションの自動調整を ETF に組み込む

・為替ヘッジ

これらがトレンドになるそうです。

最近ローンチされる債券 ETF を見てると、無難な路線でしょうね。



ソース: The Most Successful New ETFs of 2013 (ETF db)

基準ははっきりしません。

1. Barclays FI Enhanced Global High Yield ETN (FYGI)
2. Barclays ETN FI Enhanced Europe 50 ETN (FEEU)
3. Vanguard Total International Bond ETF (BNDX)
4. SPDR Blackstone/GSO Senior Loan ETF (SRLN)
5. Vident International Equity ETF (VIDI)
6. db X-trackers Harvest CSI 300 China A-Shares Fund ETF (ASHR)
7. MarketGrader Barron's 400 ETF (BFOR)
8. iShares Bond 2018 Corporate ex-Financials Term ETF (IBCC)
9. Barclays ETN+ Select MLP ETN (ATMP)
10. Cambria Shareholder Yield ETF (SYLD)



ソース: Checking in on 2012′s Best and Worst Performers

ベスト10はこうなった

1. iShares U.S. Home Construction ETF (ITB) +6.95%
2. India Consumer ETF (INCO) -7.73%
3. Market Vectors Biotech ETF (BBH) +63.16%
4. iShares MSCI Philippines ETF (EPHE) -5.37%
5. Egypt Index ETF (EGPT) +4.59%
6. FTSE EPRA/NAREIT Asia Index Fund (IFAS) -0.58%
7. Global ex-US Real Estate Fund (DRW) -3.69%
8. iShares MSCI Poland Capped ETF (EPOL) +5.73%
9. Health Care GEMS ETF (HGEM) クローズ
10. Industrial GEMS ETF (IGEM) クローズ

ワースト10はこうなった

1. C-Tracks ETN Citi Volatility Index Total Return (CVOL) -85.82%
2. Dow Jones-UBS Coffee ETN (JO) -35.53%
3. Gold Explorers ETF (GLDX) -64.17%
4. Market Vectors Solar Energy ETF (KWT) +98.16%
5. Pure Beta Softs ETN (GRWN) -17.52%
6. DJ-UBS Natural Gas Subindex Total Return ETN (GAZ) -9.29%
7. Global Carbon ETN (GRN) -20.59%
8. Market Vectors Coal ETF (KOL) -20.41%
9. FTSE Argentina 20 ETF (ARGT) +15.20%
10. WTI Crude Oil Fund (CRUD) +2.63%

関連:
10 Best-Performing ETFs In 2012 (ETF db)
10 Worst-Performing ETFs In 2012 (ETF db)
2011年 ETF ベスト&ワースト10のその後



ソース: BlackRock: 2013 ETF Industry Surprises (ETF Trends)

1. 米国株式 ETF は好調だった
2. 米国外先進国株式 ETF も好調だった
3. 新興国株式 ETF はマイナスだった
4. 戦略ベータ (≒スマートベータ) ファンドが資金流入額の3分の1を占めた、このカテゴリの資産残高は40%増加した
5. 債券 ETF はデュレーションが見直されたが、資金は流入した
6. ETF の新規ローンチも、ほどほどに続いている
7. 汎ヨーロッパ ETF が好調
8. 金融政策の影響が大きくなった
9. アメリカの個人投資家の ETF 投資が好調。今年は200億ドルを ETF に投資した模様
10. 金からの資金流出



ソース: 65 ETFs Shut Down In 2013, A 35% Drop (IndexUniverse)

2013年にクローズされるアメリカの ETF の本数は65本になりそうです。2012年の100本よりも減りました。

以下、IndexUniverse が注目したクローズされた ETF。

iShares Diversified Alternatives Trust (ALT)

iShares が11年ぶりにクローズした ETF ということで話題になりました。

関連記事: 【悲報】iShares、11年ぶりに ETF をクローズ【追記あり】

PowerShares、17本の ETF をクローズ

プロバイダー別の本数では PowerShares が最多になります。ただし、4本は2014年にクローズされます。

Emerging Global Advisors、ラインナップの半数をクローズ

新興国セクター ETF がクローズされたのは痛いです。

関連記事: 【凶報】EGShares、新興国セクター ETF をクローズ

Guggenheim、10本をクローズ

ソース記事が注目したのは、Guggenheim Airline ETF (FAA) と Guggenheim Yuan Bond ETF (RMB)。

関連記事:
Guggenheim、9本の ETF をクローズ
Guggenheim、点心債 ETF をクローズ



ソース: Credit Suisse Speeds up Early Redemption on Four ETNs (ETF Trends)

VelocityShares 2x Platinum ETN (LPLT)
VelocityShares 2x Inverse Platinum ETN (IPLT)
VelocityShares Daily 3x Long Brent Crude ETN (UOIL)
VelocityShares Daily 3x Inverse Brent Crude ETN (DOIL)

最終取引日は12月26日になります。

予定が早くなったとのことですが、以前のスケジュールは確認できませんでした。

【12月29日の追記】
Thursday Was Last Day To Trade 4 VelocityShares Leveraged And Inverse ETNs (Seeking Alpha)



ソース: The ABCs of ETF Tax Treatments (ETF Trends)

株式 ETF と債券 ETF

フォーム1999で申告。長期ゲインと通常のインカムの税率は最高23.8%
短期ゲインの税率は最高43.4%。2013年は、一定の所得を超えると税率が3.8%上がる

貴金属 ETF

現物保有と同等にみなされる。長期ゲインで最高31.8%、短期ゲインで最高43.4%。

コモディティ ETF

K-1 で申告。
先物に投資する ETF の場合、実際の保有期間に関係なく、60%が長期ゲイン(23.8%)、40%が短期ゲイン(43.4%)と自動的に決まる
コモディティ ETF は、年末に値洗いを行わなければならず、利益が実現する

通貨 ETF

オープンエンド型の課税は株式 ETF と同じ
グランタートラストは、一般所得となり、最高税率43.4%
リミテッドパートナーシップの場合は K-1 で申告し、60%長期ゲイン、40%短期ゲインとなる

株式、債券、コモディティの ETN

株式 ETF と同じ

通貨 ETN

一般所得となり、最高税率43.4%

JUGEMテーマ:資産運用


ソース: ETF ‘In-Kind’ Redemptions Help Limit Capital Gains (ETF Trends)

多くの ETF の場合、ETF の売却を希望する大手投資家に対して、原資産を売却することなく原資産を渡すことでキャピタルゲインの発生を抑えることができます。

ソース記事は、大手 ETF プロバイダーの ETF のキャピタルゲインの発生状況についてです。

iShares 299 本中4本
PowerShares 159本中7本
Vanguard 67本中8本
State Street 124本中19本
Schwab 21本中0本

アメリカではキャピタルゲイン由来の配当は税率が変わるので、結構重要な情報です。