2019/08

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: U.S. ETF Assets Hit $2 Trillion Milestone (ETF Trends)

米国 ETF の資産残高の推移
データのソースは ETFGI。グラフは2014年9月までですが、12月7日の時点で米国 ETF の資産残高が2兆ドルを超えています。
例によって、ETP の厳密な定義についての情報はありません。

【12月29日の追記】
US ETF Assets Cross $2 Trillion For First Time (ETF.com)
(個別 ETF のデータあり)



ソース:
What Kinds of ETFs Are Making Capital Gains Distributions This Year? (Morningstar.com)
What Kinds Of ETFs Are Making Capital Gains Distributions This Year? (Seeking Alpha)

2014年の場合、Guggenheim ETF の73本のうち、16本でキャピタルゲイン由来の配当が出そうです。

iShares ETF の場合、キャピタルゲイン由来の配当が見込まれるのが298本中16本ということなので、この比率は高いですね。

…ネタを明かすと、債券が償還されキャピタルゲインが実現するターゲットイヤー型 ETF が多いためだそうです。




ソース: Schwab ETFs Say no to Capital Gains (ETF Trends)

12月22日、Charles Schwab は同社の ETF で今年はキャピタルゲインが発生しないことを発表しました。

ProShares も、今年は ETF のキャピタルゲインが発生しないと発表しています。



ソース: 3 Highly Anticipated ETF Themes to Watch (ETF Trends)

・ビルグロス移籍後の Janus の ETF

・ドイツ銀行の中国 A 株セクター ETF

・ウィンクルボス兄弟のビットコイン ETF



ソース: 3 Thriving ETFs With Over 500% AUM Growth In 2014 (Seeking Alpha)

ローンチの瞬間を基準にすれば、新しくローンチされた ETF のほとんどが該当してしまいますが、そのへんの条件ははっきりしないまま、次の3本が紹介されています。

iPath S&P MLP ETN (IMLP)

520万ドル→7億7590万ドル

VelocityShares Volatility Hedged Large Cap ETF (SPXH)

1030万ドル→8330万ドル

SPXH は S&P 500 のロングと短期 VIX のショートを組み合わせる ETF です。

ProShares S&P 500 Aristocrats ETF (NOBL)

6230万ドル→4億9030万ドル

2013年以前にローンチされたものから選択されているようです。

JUGEMテーマ:海外移住


ソース: ProShares to Shutter 17 Inverse, Leveraged ETFs (ETF Trends)

次の ETF がクローズされます。最終取引日は2015年1月8日になります。

ProShares Short 30 Year TIPS/TSY Spread (FINF)
ProShares UltraPro 10 Year TIPS/TSY Spread ETF (UINF)
ProShares UltraPro Short 10 Year TIPS/TSY Spread (NYSEArca: SINF)

ProShares Ultra Russell 1000 Growth ProShares (SKF)
ProShares UltraShort Russell Mid Cap Growth ETF (SDK)
ProShares Ultra Russell MidCap Value ETF(UVU)
ProShares UltraShort Russell MidCap Value ETF(SJL)
ProShares Ultra Russell 1000 Growth (UKF)
ProShares UltraShort Russell1000 Growth ETF (SFK)
ProShares Ultra Russell1000 Value (UVG)
ProShares UltraShort Russell1000 Value (SJF)
ProShares Ultra Russell2000 Growth (UKK)
ProShares UltraShort Russell 2000 Growth ETF (SKK)
ProShares Ultra Russell 2000 Value (UVT)
ProShares UltraShort Russell 2000 Value ETF (SJH)
ProShares Russell Ultra3000 ETF (UWC)
ProShares UltraShort Russell 3000 ETF (TWQ)

2014年に100本近くの ETF がクローズしましたが、同時に、200本以上の ETF がローンチしました。
どんだけ多産多死な業界なんだよ。



ソース: With New Fee Cuts, Vanguard Ties Fidelity for Cheapest Sector ETFs (ETF Trends)

クリスマスプレゼントといっても、12月23日ですが、Vanguard はセクター ETF のコストを引き下げました。

Vanguard セクター ETF のコスト引き下げ(12月23日)

2013年10月にローンチされた Fidelity の低コストなセクター ETF に対抗したとみられています。1年以上かかりましたが。



ソース: Ten iPath ETNs to Switch to Nasdaq From NYSE (ETF Trends)

個人投資家には特に影響はないと思いますが、次の10本の ETN の上場先が NYSEArca から Nasdaq に移動します。
日付は12月29日ぐらい (ソース記事に The ETNs will move to Nasdaq from the NYSE on or about Dec. 29って書いてあるw)

iPath US Treasury 5 Year Bull ETN (DFVL)
iPath US Treasury 5-Year Bear ETN (DFVS)
iPath US Treasury Long Bond Bull ETN (DLBL)
iPath US Treasury 2-year Bull ETN (DTUL)
iPath US Treasury 10-year Bull ETN (NYSEArca: DTYL)
iPath US Treasury Flattener ETN (FLAT)
iPath US Treasury Long Bond Bear ETN (DLBS)
iPath US Treasury 10-year Bear ETN (DTYS)
iPath US Treasury 2-year Bear ETN (DTUS)
iPath US Treasury Steepener ETN (STPP)

引っ越し後も、名前やティッカーはそのままです。引っ越しの理由や背景についてはソース記事では説明されていません。



ソース: BioShares and Reality Shares Make Their Debut; ValueShares Launches IVAL (ETF db)

12月17日、ValueShares International Quantitative Value ETF (IVAL) がローンチされました。コストは0.99%。

フォレンジック会計、バリュエーション、クオリティ指標でスクリーニングした米国外の大型株と中型株にアクティブ運用で投資します。

関連記事: ValueShares、キャラが立っているアクティブ運用 ETF をローンチ

【12月31日の追記】
ValueShares Launches Global Version Of Quantitative Value ETF (Seeking Alpha)



ソース: BioShares and Reality Shares Make Their Debut; ValueShares Launches IVAL (ETF db)

12月18日、Reality Shares DIVS ETF (DIVY) がローンチされました。コストは0.85%。

アクティブ運用で、増配が期待される米国株に投資するようです。ググってみましたが、この ETF はほとんど話題になっていません。

【2015年3月23日の追記】
A New Breed of Alternatives ETF: Interview with Reality Shares (DIVY) (ETF db)

S&P 500 から、流動性、バリュエーション、ボラティリティ、取引コスト、増配期待、有効期限を評価して、ポートフォリオの70%以上を投資
Nasdaq 100 から、サードパーティの評価、マーケットメーカーや投資家のセンチメントなどを評価して、最大30%までを投資