2019/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


そろそろ確定申告の季節です。

海外ノマドを名乗るなら、日本以外の税務署で確定申告しましょう

日本の税務署で確定申告するなら「海外」ノマドを名乗るんじゃない。

ちなみに、私は、マレーシアの納税者番号を取得していますが、収入は所得税の対象外です。

法律が変わらない限り、どんなに稼いでも確定申告をする必要はありません。




2017年1月22日、中国当局は政府によって許可されていないインターネット通信を厳重に取り締まる方針を発表しました。この取り締まりには、中国の有名なネット規制「金盾」または「Great Fire
gigazine.net

今回の規制以前でも、VPN はしばしば使えなかったわけですが、中国でノマドというのは無理ゲーになりそうですね。



現在、2カ所の取引先と支払でトラブル中

1か所は、システム上、私の口座がある銀行が見つからないと来た。どこの銀行から送金するのかと問い合わせ中

もう1か所は、支払いシステムがトラブル続きで炎上中。某掲示板でも批判の嵐。上場企業のくせに何やってるの


住所の更新が正しく行われてなかった銀行に、クリスマス前に問い合わせていたが返事がなく、

今日、改めてサポートチケットを切ったら「訂正しました」と回答が来た。

この銀行は、オンラインで自分の住所を表示できないのでイマイチ不安だ。

ちなみに、住んでいるところは地元ではすぐにわかるので、不正確な住所でも郵便は届いていました。



 


妹ジャンルですが、主な登場人物はラノベ業界の面々です。

海外ノマドも、多くはフリーランスなので、この種の本の仕事関連のエピソードは親近感を持って読むことができます。

特に確定申告関連で、ゴシックロリータに身を包んだ15歳にしか見えないドS税理士とのやり取りはツボりました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

エロマンガ先生(8) 和泉マサムネの休日 [ 伏見 つかさ ]
価格:615円(税込、送料無料) (2017/1/19時点)


 


ラノベ業界物のラノベで一番売れているのはこれだと思いますが、主人公が高校生ラノベ作家で、その妹が中学生絵師だけあって、税金関係のエピソードはまだないと思います。(7巻までしか読んでいない)

エルフ様は税金がすごいことになっているはずですが。


検索エンジン関係の案件が打診されたのだけど、採用試験の日程が合わず断った。

断った後で、中くらい後悔した。ここで無理してでも受けなければ先に進めないんじゃないかと。

でも、仕事な概要 (英語で A4 8ページ) を読んで、自分の実力では受かる可能性は小さいと思い直したり。


海外ノマドにとって必要不可欠な事項に、

郵便がちゃんと届く

があります。

先進国のクライアントや銀行との契約書のやりとりや本人確認の関係で絶対必要です。

日本ほど郵便がしっかり届く国はあまりないので、多少の郵便事故は対応してもらえますが、郵便が機能しない国でノマドをすると、ストレスがハンパない。

自分の場合、郵便はおおむね届いていますが、この辺では誰でも知っている所に住んている (=ビル名だけでも手紙が届く) のでなんとかなっているのだと思います。




OECD CRS 関連の仕事があるので、興味があったら最新の履歴書を提出してね、という連絡があった。

昨年、似たような HSBC 関連の打診があり、興味があったが受注できなかった。

あれが受注できれていればともかく、直接の経験がないから、今回は応募してもダメだろうな。


12月分の請求書を発行したけど、

印刷したら、白い筋が入ってしまう!

今回は余白を調整してごまかしたけど、トナーを変えても直らなかったら買い替えないと。

トナーの在庫があるので、同じ機種を買うことになります。


 


マレーシアでの価格は 300RM ぐらいです。


あるクライアントから、請求システムが変わったので新しいマニュアルが送られてきた。

取り引きが多いクライアントならいいけれど、年に数回しか仕事をしないクライアントでは面倒。

システム間でアカウント情報が引き継がれず、システム上契約切れになって仕事をしても請求できなくなるケースがある。

実際に案件がないのにそのへんを問い合わせるのは抵抗あるし、打診されてから問い合わせても、急いでいるから他の人に発注されてしまうというの、ノマドにありがちなこと。