2020/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: Asian ETF Roundup (IndexUniverse)

海外の金に投資する ETF が中国でローンチ
英語名は Lion Global Gold Fund です。

タイで中国 A 株 ETF がローンチ
タイでは、初めて国外に投資する ETF になります。英語名は WISE-KTAM CSI 300 China tracker。
香港で上場されている W.I.S.E. - CSI 300 China Tracker (2827) に投資する ETF です。
コストはベースとなる ETF のコストと合計で上限1.5%。

BOCI Prudential からも、中国 A 株に投資する WISE SSE50 が準備中です。

iShares Australia、低コスト ETF をローンチ
MSCI Australia 200 ETF (0.19%)
S&P/ASX High Dividend ETF (0.3%)
Small Ordinaries small cap ETF (0.55%)

インドで金 ETF がさらに充実w
今回ローンチされたのは Axis Bank のものです。コストは1.5%。
情報に漏れがなければ、10銘柄めになると思います。

関連記事: アジアの ETF 事情(10月29日)


ソース: FocusShares, Now A Scottrade Unit, Returns (IndexUniverse)

競合がいっぱいある、今さら感あふるる米国株 ETF を申請していた FocusShares ですが、
ディスカウントブローカー Scottrade に買収されたとのことです。

申請された ETF が Scottrade のフリー ETF になるなら、今さらでも腑に落ちますね。

Focus Morningstar US Market Index ETF
Focus Morningstar Large Cap Index ETF
Focus Morningstar Mid Cap Index ETF
Focus Morningstar Small Cap Index ETF
Focus Morningstar Basic Materials Index ETF
Focus Morningstar Communications Services Index ETF
Focus Morningstar Consumer Cyclical Index ETF
Focus Morningstar Consumer Defensive Index ETF
Focus Morningstar Energy Index ETF
Focus Morningstar Financial Services Index ETF
Focus Morningstar Health Care Index ETF
Focus Morningstar Industrials Index ETF
Focus Morningstar Real Estate Index ETF
Focus Morningstar Technology Index ETF
Focus Morningstar Utilities Index ETF

関連記事: FocusShares、今さら感あふるる ETF を申請


ソース: Global X Plans Oil Equities ETF (IndexUniverse)

エクソンとか BP に投資するのとはちょっと違い、原油価格の変動と相関係数が大きい25銘柄の株式に投資します。

結果的にあまり違いはないとも思いますが。



ソース: 【製造コスト増加 政府が価格統制 中国食品、板挟み】(12月13日の日本経済新聞)

値上げができないため、出荷を絞っているメーカーで出ているようです。記事で紹介されているのは
滙福糧油集団と康師傳です。

Lyxor ETF MSCI AC Asia Ex Japan Consumer Staples TR (COSA) も冴えない動きになるのかなぁ。



ソース: Muni ETF Shows Active Management’s Benefits (ETF Trends)

米国地方債 ETF が下落する中、アクティブ運用の PIMCO Intermediate Muni Bond Strategy (MUNI) だけは、
このカテゴリーで飛び抜けて好調だという記事です。原因は、カリフォルニア州債の比率を下げたから。
パッシブ運用だと、不可能な話です。

つーか、債券 ETF が時価総額加重のインデックスを採用しちゃイカんでしょ、と思いました。



ソース: 【米、ETF 市場が急拡大 11月末残高 最高の79兆円】 (12月13日の日本経済新聞)

書いてあることはタイトルどおりで、コモディティの悪影響が危惧されていることも書いてある
記事でしたが、「運用残高が多い ETF」という表で

EEM 461億ドル
VWO 410億ドル

となっていたのが、印象に残りました。ただ Yahoo! Finance で見ると、逆転済みみたいですが?


ソース: Reviewing All The VIX ETF Options (ETF db)

最近、VIX ETF が増えたので、それをまとめた記事です。

中でも VQT はこれまでのところ、SPY と AGG の中間となるパフォーマンスをあげています。
ほったらかし投資ができて、株式と債券がそろって下落したときに上昇が見込める ETF に
なりそうな気がしているのですが…

1〜2か月の短期 VIX 先物に連動する ETN
一般に、コンタンゴがきつくなります。

iPath S&P 500 VIX Short-Term Futures ETN (VXX)

VIX Short-Term ETN (VIIX)

3〜7か月の中期 VIX に連動する ETN
短期よりはコンタンゴがマイルドになります。

iPath S&P 500 VIX Mid-Term Futures ETN (VXZ)

VIX Medium-Term ETN (VIIZ)

レバ掛け VIX ETN

Daily 2x VIX Short-Term ETN (TVIX)

Daily 2x VIX Medium-Term ETN (TVIZ)

iPath Long Enhanced S&P 500 VIX Mid-Term Futures ETN (VZZ)

空売り VIX ETN

Barclays ETN+ Inverse S&P 500 VIX Short-Term Futures ETN (XXV)

Daily Inverse VIX Short-Term ETN (XIV)

Daily Inverse VIX Medium-Term ETN (ZIV)

ロング・ショート VIX ETN

UBS E-TRACS Daily Long-Short VIX ETN (XVIX)

VEQTOR ETN
ルールによって S&P 500 と VIX と現金のアロケーションを変えるインデックス

Barclays ETN+ S&P VEQTOR ETN (VQT)

VIX じゃないボラティリティ ETN

C-Tracks ETN Citi Volatility Index Total Return (CVOL)


ソース: Build America Bond ETFs’ Future in Question (ETF Trends)

ブッシュ減税の延長が決まりましたが、ビルドアメリカ債は終わりになるようです。

とはいえ、発行されたビルドアメリカ債は長期債が多く、ETF がただちにどーの、
ということはないみたいですが。

関連記事: ビルドアメリカ債 ETF の行方


ソース: Five New Equal Weight ETFs From Rydex (Seeking Alpha)

関連記事: Rydex、均等加重 ETF をローンチ

関連記事を書いた時点では、米国外先進国株式に投資する EWEF と新興国株式に投資する EWEM の
ファクトシートがアップされていなかったのですが、その後アップされたようです。

関連記事で書いたように、米国株式の場合はセクターレベルでも均等加重でしたが、EWEF と EWEM は
そうではありませんでした。

Rydex MSCI EAFE Equal Weight ETF (EWEF)

965銘柄に投資。コスト0.55%。

金融 22.8%
工業 19.5%
一般消費財 14.7%
素材 11.8%
生活必需品 6.9%
ハイテク 6.7%
ヘルスケア 5.4%
公益事業 4.8%
エネルギー 4.0%

日本 33.1%
イギリス 11.1%
フランス 8.7%
オーストラリア 7.9%
ドイツ 5.2%
その他 34.0%

Rydex MSCI Emerging Markets Equal Weight ETF (EWEM)

754銘柄に投資。コスト0.7%。

金融 23.2%
工業 14.5%
素材 14.4%
ハイテク 10.8%
一般消費財 9.4%
生活必需品 8.4%
エネルギー 6.3%
公共事業 5.7%
電気通信 5.6%
ヘルスケア 1.8%

中国 16.6%
台湾 15.6%
韓国 13.0%
ブラジル 9.4%
インド 8.1%
その他 37.3%

関連記事を書いた時点ではわからなかったけれど、米国株に投資する3銘柄のコストは0.4%です。