2019/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


ソース: 2014 Smashes Previous ETF Records (ETF.com)

MarkIT が12月22日に発表したデータによると、2014年の ETF 界は好調で、グローバルな資産残高は2兆7200億ドルに達しました。

今年ローンチされた ETF は547本で、集めた資産残高は2900億ドル。トップはNEXT FUNDS JPX日経インデックス400連動型上場投信 (1591、愛称:野村 JPX日経400ETF) の13億ドルです。

JPX日経インデックス400はインデックスとしても人気があり、これに連動する ETF はヨーロッパにも3本あります。

なお、1591のコストは0.21%ですが、Amundi JPX-Nikkei 400 UCITS ETF (JPNK) なら0.18%で済みます。
(単純比較してよいのかわかりませんが)



ソース: BioShares and Reality Shares Make Their Debut; ValueShares Launches IVAL (ETF db)

12月16日、BioShares Biotechnology Products Fund (BBP) と BioShares Biotechnology Clinical Trials Fund (BBC) がローンチしました。コストは両方とも0.85%です。

BBP は LifeSci Biotechnology Products Index に連動し、米国市場に上場するバイオ関連企業に均等加重で投資します。現在の投資銘柄数は36。

BBC は、主要製品が治験段階であるバイオ関連企業に投資します。結果的に、新興の小企業がメインになります。現在の投資銘柄数は68。

【12月26日の追記】
Inside The 2 New Innovative Biotech ETFs From BioShares (Seeking Alpha)
Bioshares New Equal Weight ETFs Offer Diversification And Growth (Seeking Alpha)

ヘルスケア ETF には、上位10社でポートフォリオの半分を占めるような寡占型が多く、BBP が均等加重である点が評価されています。

【1月7日の追記】
New ETFs Could Benefit From Favorable Biotech Seasonality (ETF Trends)

【1月13日の追記】
A New One Of A Kind Biotech ETF Hits The Market (Seeking Alpha)



ソース: Evaluating The Performance Of The First Trust AlphaDEX Sector ETFs (Seeking Alpha)

Fisrt Trust AlphaDEX セクター ETF は2007年にローンチされたスマートベータ ETF と言える存在ですが、SPDR セクター ETF と比較すると、9セクター中5セクターのみアウトパフォームしていて、その差は統計学的に「著しいとは言えない」そうです。

このシリーズは過去記事でも何回か取り上げましたが、インデックスの算出にあいまいな点があり、すっきりしません。

今回のソース記事を読むと、「バリュー株としてスコア」と「グロース株としてのスコア」を出し、両方とも使ってランキングの上位をインデックスに採用するとのことです。

両方を使うというのもすっきりしませんが、「バリュー株として高スコア」かつ「グロース株として高スコア」な株式に投資する意図もすっきりしないと思います。



ソース: 10 Worst Leveraged ETFs of 2014 (ETF Trends)

2014年1月1日〜12月4日の下落幅

Direxion Daily Natural Gas Related Bull 3X (GASL) -89.4%
Direxion Daily Russia Bull 3x Shares (RUSL) -87.1%
Direxion Daily Junior Gold Miners Index Bull 3x Shares (JNUG) -81.7%
VelocityShares 3x Long Crude ETN (UWTI) -77.4%
Direxion Daily Junior Gold Miners Index Bear 3X Shares (JDST) -71.7%
VelocityShares Daily 2X VIX Short-Term ETN (TVIX) -60%
Direxion Daily Semiconductors Bear 3x Shares (SOXS) -63.3%
ProShares Ultra VIX Short-Term Futures (UVXY) -59.5%
VelocityShares 3x Long Natural Gas ETN (UGAZ) -59.5%
Direxion Daily Real Estate Bear 3x Shares (DRV) -58.2%

TVIX の順序がおかしいのは、記事を書いているうちに上昇したかららしいw




ソース:
ETFs Are Not Always Cheaper (Morningstar.com)
ETFs Are Not Always Cheaper (Seeking Alpha)

一般に、ETF はミューチュアルファンドよりも低コストだと思われていますが、ミューチュアルファンドは機関投資家向けの低コストなクラスがあり、コストをファンド別の資産残高で加重すると、ETF がミューチュアルファンドよりも高コストになることを示すデータです。
ETF は原資産を交換できることによる税制の優位性と取引手数料については別においておきます。

表の「均等加重」は、コストをファンドや ETF の本数で単純に平均した結果、「資産加重」は、ファンドや ETF の資産残高でコストを加重した結果です。

機関投資家向けのミューチュアルファンドに低コストで資産残高が大きいものがあることが示唆されています。

ミューチュアルファンドと ETF のコストの違い
ミューチュアルファンドと ETF のコストの違い (機関投資家向けと個人投資家向け)

関連記事: 【意外】ETF のコストはミューチュアルファンドよりも高コストだった



ソース: ETF Deathwatch For December 2014: A Zombie Milestone (Seeking Alpha)

2014年11月にまったく取引がなかった ETF の数: 13

2014年11月28日にまったく取引がなかった ETF の数: 265




ソース: Nuveen to Convert Two Commodities Mutual Funds Into ETFs (ETF Trends)

12月18日、Nuveen Investments は Nuveen Diversified Commodity Fund (CFD) とe Nuveen Long/Short Commodity Total Return Fund (CTF) をミューチュアルファンドから ETF に変換することを発表しました。

CFD はコモディティの先物と先物に投資し、ポートフォリオの26.5%を石油ガスが占めています。コストは1.75%。

CTF は、上場され、最も取引の多いコモディティ先物契約に投資します。コストは1.61%。

変換は2015年3月までに予定されています。返還後にコストが変更されるかどうかは不明です。



ソース: Most Interesting New ETFs Of 2014 (ETF.com)

iShares Core MSCI Europe (IEUR)
欧州株投資と言えば Vanguard FTSE Europe (VGK) がメジャーで低コストだが、IEUR は中小型株までカバーしている

Deutsche X-trackers Harvest MSCI All China Equity ETF (CN)
中国株全般に投資できる。出来高が少ないのが問題

FlexShares Disciplined Duration MBS Index (MBSD)
今後発行される MBS (不動産担保証券) の条件はこれまでものと異なることが予想されるが、MBSD はアクティブ運用でポートフォリオの一貫性を保つ予定




ソース: Amundi’s Floating Rate Note ETF Comes To London (ETF.com)

12月2日、Amundi ETF Floating Rate Euro Corporate 1-3 UCITS ETF (AFRN) がイギリスの FCA (Financial Conduct Authority: 金融行動監視機構) に登録されました。

数週間以内にロンドン証券取引所に上場すると思われます。

AFRN は Markit iBoxx EUR FRN IG 1-3 index に連動するシンセティック・レプリケーション型 ETF です。コストは0.18%。



ソース: Top 10 ETF Stories In 2014 (ETF.com)

1. シンセティック・レプリケーション型 ETF は健在
2. モルガンスタンレーがスマートベータ ETF をローンチ
3. Amundi と Edhec がスマートベータで提携
4. インデックスのリバランスは重要か
5. イギリスのインフレ
6. Vanguard、マルチアセットインデックスファンドのコストを引き下げ
7. Source、Deutche よりも早く中国 A 株 ETF をローンチ
8. ヨーロッパの ETF 界の競争状況
9. 9ブランドの ETF が個人投資家向けの販促で協力
10. 為替ヘッジあり ETF についての質問

リンクはソース記事で。